思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

暗いときにはもってこいの開放値F1.4の単焦点レンズ 

猫の前面と左右は開けてても猫の後ろには高い塀があり、その背後は鬱蒼とした林で日がかなり傾いてました。
それでも画面を占めてるほとんどの色合いはグレーで、日中なら露出をプラス補正しなければ猫は黒くなってしまうケースです。
下のエグジフを見ればおわかりでしょうがかなり暗い状況でした。
SS 1/30は手ブレするかどうかのボーダーラインですが、猫の瞳孔にばっちりピントが合っててボケてません。
ISO 1000という高感度でもさほど画像が荒れてない。

フィルム時代NEOPAN 100をASA 800まで増感現像したら見られたものではなかった。
アナログではISO100のフイルムが基本でしたが、デジタルの今はISO200~400で撮影してます。
そのせいか晴天の日中だと絞りがF8でもシャッタースピードが1/2000を超えるときがあります。
アナログカメラのミドルクラスだとシャッタースピードは1/2000が最速でしたが、デジタルでは1/4000や1/8000で撮影するのも容易。
そんな高速シャッターでジャンプしてる猫を写し止めたいものですが、そういうシーンに出くわしたときは慌てまくってうまく撮れない。
と同時にこの猫のようにじっとしてたとはいえ、低速シャッターでブラさずに撮れたことににんまり。
それもこれも開放値F1.4という明るい単焦点レンズの恩恵ですが~~~

撮影データ ISO 1000 F2.8 -3/10 SS 1/30
撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4

テーマ: RICOH DIGITAL CAMERA | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ズームレンズをうまく活用するには 

構図を考えながら寄っては引き、引いては寄る。
寄ることも引くこともできないとき、画角を変えて構図を決められるズームレンズは便利です。
それでも寄れるし引くことができるなら、ボケ具合を勘案し焦点距離を決めてます。
そうすることによってモチーフが引き立つからです。

上段はなるべく寄ったもので単焦点なみに背景がボケてます。
下段は少し引いて撮影してますが、それでも絞りを開けてるので主題いがいが適度にボケてます。
ズームレンズをうまく活用するには、画角を替えるだけでなく、自ら寄ったり引いたりすれば単焦点レンズなみに撮れますから~~~
撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_ajisai_0116.jpg flower_ajisai_0117.jpg flower_ajisai_0119.jpg flower_ajisai_0121.jpg

flower_ajisai_0120.jpg
 flower_ajisai_0123.jpg                 
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑