思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

ピント合わせに迷ったホタルブクロ 

ホタルブクロについた滴にピントを合わせたつもりがボケてました。
その代わり先端の産毛が鮮明に写ってる。
ひょっとして産毛にピントを合わせてたのか、自分自身思い出せない。
ボケたのは滴だけでなく、自分の頭も?

なにかしたいしなければいけないことが複数あるのに、ひとつのことをすませると、次なにをするんだったのか忘れてるというか思い出せないことが多い。
それで去年脳の精密検査をしたら異常なしだったし、認知症の気は微塵もないとの結果でした。
そして昨夜幼馴染とひさしぶりにいっぱい飲んだんですが、先週誕生日だったのに年を取るのはいやなものだと・・・
というのも最近四十肩で腕が上がらないとか、股関節がぎくしゃくしてしゃがんでから立ち上がる時痛みを伴うからです。
若い時から体力なかったし、職業病というべきぎっくり腰に悩まされ続けてきた結果でしょう。

その幼馴染と飲んでた居酒屋は本来立ち飲み形式で激安なのがウリですが、座って飲める椅子がありました。
店は俗にいう千ベロ晩杯屋です。
この晩杯屋は武蔵小山が本家本元ですが、今では都内だけでなく神奈川県にも出店しあちこちで見かけます。
初めの一杯は生ビールで次はホッピー
このホッピー市販だと330mmですが業務用だと500mm。
三冷ホッピーなら氷なしで同量を混ぜ合わせビールと同じ感覚で飲めますが、氷が入ってるのを自宅で飲むと330mmでも残すことが多い。
それが500mmですから半分近くも残したのはそれだけ弱くなってるからです。

二十歳ごろこのホッピーを三杯とか5杯飲んでべろんべろんになったことがよくありました。
小便横丁なる飲み屋があちこちあった当時、ビールが180円から200円ぐらいしたのにホッピーは80円。
金のない者はこのホッピーか焼酎と相場は決まってた。
千円どころか五百円あれば30円の焼き鳥や100円ぐらいの煮込みを肴に飲んで食べてべろべろ。
立ち食いの掛けそばが50円で、できたばかりの回転寿司が一皿30円。
電車の初乗りも30円だったか?

高校時代日光のホテルでアルバイトをしてたことがあり、そこで大学を卒業したばかりのIさんという方が武蔵小山の出身で近いこともあり遊びに来るようにいわれ行くと、昼から飲める飲み屋がそこかしこにありました。
飲食店のチェーン店はマクドナルドと養老の瀧ぐらいしかなく、個人商店がにぎわってた時代の武蔵小山はまさに闇市の雰囲気がそこかしこに残ってました。
たまに友人宅がある中野に行ってもそうだったし、昭和40年代後半といえども戦後の名残はまだまだ多かった。

そんな昔のことを幼馴染に話してると、よく昔のことを覚えてると感心されたものです。
今朝なにを食べたか思い出せなくても、昔のことは覚えてるのが自分自身不思議でならない。
そして冒頭のホタルブクロに話をもどせば、滴だったのか産毛だったのか、どっちにピント合わせしたのか思い出せないという始末です。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

昼下がりの千ベロ街 

赤羽や十条だけでなく、ここ京成立石も庶民的な街として人気が高い。
土曜昼下がりの千ベロ街はさすがに人通りは少なかったですが、夕方ともなれば雨後のタケノコのように飲兵衛でごった返すんでしょう。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
snap_180.jpg
テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑