思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

北の丸公園から見た千鳥ヶ淵の桜 

都内の桜は昨日嵐のような風で花吹雪にになり、かなり散って若葉が目立つようになってきました。
それでも東北や北海道ではこれからが桜の季節だし、日本は南北に細長いため桜を追いかけて撮影してる方もいるんでしょう。

4月も半ばになりもうすぐゴールデンウイーク。
山へ行ってたとき盆休みは暑くて山に登る気になれなくても、ゴールデンウイークは登山にはもってこいの季節。
それで大蔵高丸とか三頭山など手ごろなハイキングを兼ね桜を撮影しに行ったものですが、奥多摩湖は近くて季節問わず行ってました。

その山から遠ざかって20年ほどたってるんですが、都内の桜を撮るにしても山の雰囲気を感じさせるところがいい。
そんなところがあるのか調べてもピンとこないし、起伏に富んだ大きな霊園墓地とか去年秋初めて行った北の丸公園なら千鳥ヶ淵の桜が水面に映えるのを撮れるかも知れない。
そんな思いで撮影しましたが、奥多摩湖や山の雰囲気を感じられるでしょうか?
flower_sakura_02133.jpg flower_sakura_02138.jpg  flower_sakura_02134.jpg flower_sakura_02135.jpg flower_sakura_02136.jpg flower_sakura_02137.jpg 

山登りをしてたといっても八ヶ岳や南アルプスに、奥秩父とか奥多摩がほとんどで北アルプスの山は上ったことがない。
一時は山岳写真のサークルに所属するも、組織の醜さに辟易し退会。
違う同好会へ行くとそちらは雰囲気も会員もよかったのに、とにかく仕事が多忙を極め山どころでなかった。
そこの会員たちと毎月例会で神田の大越などで飲み会をしてたのが懐かしいし、できることならまた山へ行きたいものですが・・・

繁華街や有名なスポットはいつ行っても外国人が多く、北の丸公園も例外ではありません。
上野公園や浅草寺のように偽僧侶はさすがにいなかったものの、とにかく外国人の多さが奇異に感じてならないのは自分が古い人間だからでしょう。
外国人による経済効果を思えば、風情がなくなったとばかり嘆いてもしょうがない。
それでも日本人老夫婦のスナップ撮影ができました。
flower_sakura_02139.jpg flower_sakura_02140.jpg flower_sakura_02141.jpg flower_sakura_02142.jpg  flower_sakura_02143.jpg flower_sakura_02144.jpg 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

今日テレビで「誰だって波瀾爆笑」」を見てるとゲストが中川家でしたが、愉快な兄弟にほのぼのとさせられました。
この番組は「いつみても波瀾万丈」がはじまりで、その当時のアシスタントが遠野舞子さんでした。
彼女まだ高校生だったような気がしますが、凄く可愛かったと記憶してます。
なぜこんなことを覚えてるかといえば、時同じくして林真理子さん原作の「葡萄が目にしみる」という単発ドラマがあり、戸田菜穂さんが主演しその初々しさに惹かれたし、舞台が山梨県勝沼のぶどうの丘でした。
山梨は仕事の関係で1年ばかり住んでたこともあるし、勝沼インター近くの紅玉園というドライブインで何度も食事をしてました。
それで茅が岳へ行った帰りぶどうの丘によると泊れることがわかり、山の帰りで疲れてたので泊まることにしました。
ワインカーブで試飲し放題のワインを飲み、夜は石和の花火大会があり宿泊棟前のテラスから見てました。
夕食はガラス張りの展望レストランで思蓮鍋なるすき焼きを食べ、翌日朝食を終えてテレビを見てると遠野舞子さんが出てたしだい。
少女から女性に移ろって行くような感じだった遠野舞子さんも今では40代となってますが、ますます美貌に磨きがかかってるようです。
今でこそぶどうの丘の宿泊棟は豪華なホテル顔負けの広さだし、温泉の天空の湯もできてますが、当時は木造の研修室のような感じでした。
それも20年ほど前第三セクターに運営を委ね宿泊料が倍近くなってからというもの泊ってないし、今はどうなってるのか・・・
なんだかとりとめがなく脈絡のないことですが・・・

昼過ぎは「草刈正雄の島で一杯~ 今晩、一緒に呑みませんか?」という番組で、顔を真っ赤にしながらも端正な顔立ちは相変わらずで、男が惚れておかしくないマスクでした。

夜「 バナナマンのせっかくグルメ!」は草刈正雄さんとは対照的なルックスの日村勇紀さんですが、彼が女性に人気があるのがなるほどと納得する人柄がにじみ出てました。

桜の花はほとんど散ってカメラを持ち出すことが減りそうで、今日はそんなこともあってテレビを見てました。
夏を思わせるほど暑かった日中も夜ともなればひんやり冷えてきてますが、我が家の野良猫由乃がフードを食べたあと少しばかり撮影に付き合ってくれました。
穏やかな気分でのんびりした日曜日。
毎日こんな気分でいられるといいんですけどね~~~
テーマ: 桜のある写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

北の丸公園と二の丸庭園から日比谷公園へ紅葉散歩 

都内に生まれ育って63年たつというのに皇居へ行ったのはほんの数回でも、首都高から見た北の丸公園の新緑や紅葉が綺麗だったのを思い出し清水橋へ向かいました。
橋を渡ると江戸時代を偲ばせる古の城門が圧巻です。
高校時代Petri V2を使ってたのを修理するのに間近に見える武道館の近くにあったサービスセンターへ持ち込んだことを思い出す。
あれから半世紀近くたちますが、かなり以前その近所のゼネコンに勤務してた女性と付き合ってたことがふと思い出されてくる。
2016_12_0001.jpg 

それも艶やかな紅葉を目にしたとたん忘れ去り、被写体になるポイントはないかときょろきょろしまわるも見当たらない。
2016_12_0002.jpg 2016_12_0003.jpg

朝食抜きで出たので途中で購入したおにぎりを食べてると若いグループが現れてにぎやかなのをボカシてカンザクラを撮る。
2016_12_0004.jpg 

天守台にあがると都心を一望できる。
2016_12_0005.jpg 

二の丸庭園というか雑木林へ行くと北海道の岩見沢から来た女性たちが清掃活動をしてましたが何かの奉仕活動なんでしょうか・・・
2016_12_0008.jpg 2016_12_0006.jpg 2016_12_0007.jpg 

大手門には外国人ツアーが大挙して押しかけてました。
2016_12_0009.jpg   
    
内堀通りからの富士見櫓です。
2016_12_0010.jpg 

内堀通りから日比谷通りに出て日比谷見付へ。
江戸城には内堀外堀合わせて36の見付があったそうで、日比谷見付は現在日比谷公園になってます。
2年前のいまごろsmc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR を購入しこの日比谷公園で紅葉を試し撮りしたものですが、今回は万能ズームそのままで撮影。
2016_12_0011.jpg 2016_12_0012.jpg  


帰るのに駅へ向かうと鳥ぎんがあり、空腹ではないものの7キロほど歩いて足がだるいしビールで焼き鳥と相成りました。
gourmet_0031.jpg

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
テーマ: 写真日記 | ジャンル: 日記 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑