思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

Lightroomのパープルフリンジ除去効果 

雨上がりのツツジを撮影しましたが見上げたアングルで逆光でフリンジが発生してました。
フリンジが発生するのはレンズの色収差性能にもよりますが、絞り開放や逆光時に多くまさに典型の画像になってました。
よくパープルフリンジといいますが、この画像はどちらかといえばブルーフリンジでしょうか?
フリンジといってもパープルだけでなくいろんな色で発生するようです。

Lightroomの現像モジュールにレンズ補正があり、そのなかにフリンジ軽減ツールがあります。
そのスポイトツールをフリンジに合わせていくとフリンジが無彩色になって行くんですが、フリンジだけでなくよけいなところまで無彩色にしてしまうのでやりすぎないよう注意が必要です。
ということでパープルフリンジ除去効果をご覧ください。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
フリンジが残ってる状態で下のは拡大画像です。
fliower_tsutsuji_0025.jpg

flower_spring_0030.jpg

フリンジ処理した画像です。
拡大画像の枝を見るとパープルフリンジというかブルーフリンジがかなり除去されてます。
flower_spring_0029.jpg

flower_spring_0031.jpg

Lightroomのレクチャーをまとめた技巧書を読んでも理解できないことがあり万人向けでないかもしれませんが、このようにフリンジ除去ができるばかりでなくいろんな画像処理をできて便利です。
それでも私にしたらPhotoshop7のが使い慣れてて圧倒的によかった。
ま、LightroomPhotoshop7にはなかった機能がかなり盛り込まれてるし、価格も手ごろなので使ってますけどね~~~
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑