思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

長屋がなくなっていく京島 

昨日テレビ東京が「朝の!さんぽ道」墨田区京島の特集をしてました。
21年前の散歩道というガイドブックをもとにタレントが歩き回ってましたが、掲載されてる長屋とか銭湯がなくなってるのを目の当たりにしてがっかりしてたが、こっちはなくなる前にそんなのも撮影してました。

こちらが京島へ初めて行ったのは7年前でスカイツリーの建設真っただ中でした。
21年前の京島は知りませんが、40年ほど前浅草から向島へ行ったときマンションなどなく棟続きの長屋風の窓を開け放った二階から三味線の音が聞こえてきて下町情緒たっぷりでした。
向島芸者の街だし、粋な姉さんの三味の音に聞き惚れた知人が道端からチップだとばかり、小石を包んだ千円札を投げ入れたものです。

戦時中空襲に遭ったその向島界隈の住民たちが空襲に遭わなかった京島へ大挙して引っ越して行ったそうです。
京島は田畑が多く区画整理することなくそんな避難民のためにあちこち長屋が建てられ、それが初めて行った2010年でもまだかなり残ってました。
それでも行くたびに空き地だったところにモダンなマンションや民家が建ってたり、住んでたはずの家が空き家になったりで、街並みがどんどん変わっていってました。
kyojima_0002_20170903092329950.jpg kyojima_0001_20170903092327bb2.jpg kyojima_0003_2017090309233092b.jpg kyojima_0004_2017090309233151f.jpg kyojima_0003_2017090309233092b.jpg  kyojima_0005_20170903092400d63.jpg kyojima_0008_20170903092405f40.jpg  

上の空き地は現在住宅が建ってますが、ここはまだそのままのようです。
kyojima_0006_20170903092402592.jpg 

古い屋並がどんどん建て替えられ長屋がなくなっていく京島です。
kyojima_0009_20170903092425f20.jpg kyojima_0010_20170903092426f2a.jpg kyojima_0011_20170903092428ae1.jpg          

農地を整備しないまま建築したので畦道が路地として残り、まさに鰻の寝床といった感じで所狭しと建ってた屋並。
それも大正時代の建築でトタン張りが多い。
それらのほとんどは淡いグリーンと濃いブルーのツートンカラーで、チョーキングを起こし粉をふいたトタン長屋が集まってるのに郷愁を感じたものです。
トタン張りは夏は暑く冬は寒いし、プライバシー重視の若い者たちはどんどん出て行くとともに核家族化が進み、残ってる住人といえば年寄りばかり。

それでも長年暮らしてたし知らないところへ行かず、遠い親戚より近くの他人とばかりお年寄りたちは近所付き合いを楽しんでる方たちが多かった。
そんなお年寄りたちは猫を可愛がってるのが多く、黒猫に惹かれて行くと老婦二人が立ち話をしてた。
いずれも大正末期か昭和初頭の生まれという容貌でも矍鑠としてて、黒猫の飼い主は長屋に惹かれて写真を撮ってたのが、いつの間にか黒猫を撮るようになってそれも何度も来ては写真をくれるのが多いと嬉しそうにいってました。
こちらもそんな黒猫を撮影したもののその後行っても黒猫と会えないし飼い主を見なかったのは、その老婦が病に倒れ黒猫を身内に引き取らしたからでした。
その老婦が亡くなり玄関の曇ガラスの引き戸に羽目板がバツ印に打たれたのを見たとき、すぐに行って写真を渡してあげたかったと後悔の念に駆られたものです。
kyojima_0012_2017090309242926c.jpg

この京島へ興味を持ったのは郷愁に惹かれてのことですが、あちこちに猫がいたのに歓喜しその後何度も撮影してて、猫と街並みと分けてフォルダーを外付けハードディスクに保存してました。
猫は別のハードディスクにバックアップしてましたが、街並みとか動物やその他にもいろんなジャンルのをバックアップしてなかったそのハードディスクがお釈迦になってしまったのが先月。
と同時にPCの調子が悪いし・・・

それでも昨日見た「朝の!さんぽ道」の京島に、猫のフォルダーを見ると懐かしい屋並がけっこう残ってたし、ハードディスクがお釈迦になったのはしょうがないと諦めながらもほっとしてるところです。


撮影機材 NIKON D90 /Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G

テーマ: 何気ない日常の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

京島から見るスカイツリー 

京島から見るスカイツリーです。
戦前からの建物が多く残ってる京島も建て替えが進んでて、いつかスカイツリーが見えなくなる日が来るかも知れません。
空き地だったところも新築してるところが多くなってます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
kyojima_0004.jpg kyojima_0005.jpg kyojima_0006.jpg kyojima_0007.jpg kyojima_0008.jpg 

kyojima_0009.jpg kyojima_0010.jpg kyojima_0011.jpg kyojima_0012.jpg kyojima_0013.jpg kyojima_0014.jpg 


このところ晩酌だけで夕飯を食べないことが多くなってる反面、無性に稲荷寿司とかかっぱ巻きを食べたく思うときがあります。
それなのに昨夜、五目御飯にしようとしたら干し椎茸と高野豆腐がない。
ま、それでもいいと、米酢に三温糖と塩に昆布出汁で合わせ酢を作り金糸卵をちらして出来上がり。
キュウリとワカメの酢の物に脂がのってない塩鮭で、ひさしぶりに晩御飯を食べましたよ。
cooking_0014.jpg cooking_0015.jpg cooking_0016.jpg cooking_0017.jpg
テーマ: 街の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 8 | edit

ページトップへ↑

建設途中のスカイツリー 

昨日なにげなく目にしたアサヒカメラのトピック。
なにかと思えば「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」についての特集を再掲載するとのことでした。

以前からまとめサイトなどで画像の無断使用が横行してるようで、FC2の利用者も被害に遭い画像にロゴを貼るようにしてました。
そのブログの運営者は利用者とサイトを提供してる運営会社に、無断使用しないように再三申し入れをしても取り合ってもらえなかったようです。
関東地方の古い町並みを精力的に取材し掲載してたサイトは興味を持つ者には垂涎の的だったでしょう。

昨日デジカメのデータ保存について記事にしましたが、古いデータを整理してたとき建設途中のスカイツリーの画像がありました。
古い町並みが残る京島の後ろにスカイツリー。
隅田川にかかる桜橋を渡り向島を経由して初めて行った京島
今から40年ほど前S氏と昼下がりの向島を歩いてると、二階の窓にもたれかかって三味線を弾いてる着物姿の女性に、さすが芸者の街だと風流な街に感激したものです。

そんなことを思いながら一昨日画像処理し、いつものようにレンズ名のキャプションを貼り付けるのに戸惑ったのは、上記した画像を無断使用されたブログ運営者のことで、建設途中のスカイツリーは多くの人が撮影してたとはいえ今では珍しい光景になってるし、ひょっとすると無断転用されるかも知れない。
いつもなら画像の上か下に貼ってたキャプションを薄目にし真ん中にしたのはそんな懸念からでした。

そして昨日目にしたアサヒカメラのトピックに心無い者がいるし、酷いのになると画像の販売サイトに登録してるのもいるらしいとのこと。
完全に泥棒してることがわからないのかとただただ呆れるばかりでした。
京島からのスカイツリー建設途中の画像を記事にしようと思ったのは久しく行ってなかったし、以前行ってた街並みが今どうなってるのか見比べるうえでフォルダーを開いたわけで、一昨日とりあえず画像処理たのをアップロードしてました。
そして昨夜目にしたアサヒカメラのトピックに、偶然とはいえそんなのがいまだにいるのかと・・・
ま、私の画像が無断転載されることはないでしょうが、なかには奇特なのがいるかも知れませんので・・・・

こちらがパソコンを始めたのは2000年。
その当時コンデジで撮った写真をPhotoshop Deluxeで画像処理するのが面白く、そうこうしてるうちブログの提供が始まりました。
なかには独自でサイトを立ち上げてる方がいましたが、こちらはFC2が提供を始めたのに飛びついてから13年ほど利用してます。
FC2のブログ同士でリンクするにしても相手側に了承を得てからしたし、他のプロバイダや独自で立ち上げてるサイトの方には相互リンクしてもらうには好みが違うとかの理由で断られることが多かったです。
それだけマナーの厳しい方がサイトを運営してました。

昔、田宮二郎の高原へいらっしゃいというブログを運営してるとき他の同好の士とネットで知り合い、ドラマの舞台になった八ヶ岳高原ヒュッテで十数名が一堂に会したことがあります。
散会するとき皆で「お早うの朝」を歌ったのが懐かしく思い出されます。
この当時のネットは健全でオフ会がしきりに行われてましたが、出会い系サイトが登場してからというものオフ会とは名ばかりで、悪事に利用されたりでおいそれと参加できなくなりました。
話題が紆余曲折しましたが、なににしろ常識ある行動をして欲しいものです。

 kyojima_0001_2017021922514412b.jpg
テーマ: 建物の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

看板猫として修行中 

以前行ってた猫だまりの猫たちがこの半年ほど姿をまったく見せないと思ったら近所の店にいました。
目やにがひどかった黒猫は首輪までつけてもらい元気だし、生後3か月ほどだったのがかなり成長してました。
白黒猫は段ボールハウスの上で日向ぼっこし、看板猫としての修業は黒猫にまかせてるのか?
看板猫として修業しないと追い出されるかも知れないんじゃないの?


撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
cat_shim_0020.jpg cat_shim_0021.jpg cat_shim_0022.jpg


昨日福岡市で解体中のビルが崩壊し、商店街にコンクリートが散乱し交通規制する事態が起きました。
工事手順に抜かりがなかったかどうかはともかく、解体は主に重機で行ってたんでしょう。
俗にいうカニ爪で外壁や鉄骨を切り取るというかひしゃげて解体していく。
その他ではユンボのアームにシャベルやドリルのようなものをつけてコンクリートをめくったりしますが、その振動と騒音たるや凄い。
これがビルが林立してるところなら隣接地はともかく、それほど気にならない場合が多いのは堅牢なビルにいるからで、住宅街で木造住宅にいるとその振動と騒音たるやは耐えられるものじゃない。
パチンコ屋に行かないのはちんじゃらの音が耐えられないし、賭け事が好きでないからですが、解体工事は突然震度2とか3ぐらいの揺れがしたと同時にドスンとかガチャンとか物凄い音がします。

では行政で騒音振動の規制をしてないかといえば、きちんとしてます。
ところがこれが眉に唾をつけても納得できない条例ばかり。
振動騒音が凄いからといっても、それが一定時間ずっと続く場合条例違反になりますが、瞬発的だと規制値として認めざるえないというもの。
それが震度3とか4でもそうだし、電車が通過するガード下にいるような騒音でも条例違反にならない場合がほとんど。
それを盾に解体業者は規制値以内なんだから文句ないだろうとばかりやりたい放題する。

今から15年ほどまえですが近所でビルの解体があり、その振動に堪らず役所に事情を話したらしたら測定してくれたことがありますが規制値内でどうにもならないといわれたました。
そして去年また解体工事がありましたが、これは15年前に比べたらそれほどでもないし規制値内に治まってるのは想像に難くない。
それでもユンボの片側を浮かせたのを落として解体するのにドスンドスンと自宅がかなり揺れてました。
あまりにもひどいので工事してる者に、そんなやり方して万が一家が崩れたらどうする気だというと、建て替えてやるという。
30半ばの男はいかにもという風体で生意気だし、役所に電話すると様子を見に来てくれましたが、工事を中止させるほどでもないとのこと。
それが行政側の条例で、小市民は我慢するほかないのかと・・・

バブル全盛時月島のいたるところが地上げされ高層マンションやオフィスビルが建設されましたが、立ち退かずに残った住民たちがどれだけ騒音と震動に苦しんだのか、身をもって体感しました。
そしてさらにもう一軒アパートの建て替えが控えてるかと思うとノイローゼになりそうだし、猫の由乃にしたら日向を奪われ行き場を失ってるし、相当なストレスを溜めこんでるに違いない。

福岡では幸い怪我人はいませんでしたが、心に病を抱えるかも知れない者がいるということを、行政側と工事業者には肝に銘じてもらいたい。
鰻の寝床のような私道だらけの京島では戦前に建てた木造民家がひしめいてましたが、それも今は建て替えがかなり進んでますが、そこでも私のようにノイローゼ寸前になってる方がいるかも知れませんし・・・
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑