SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROに2倍のテレモアで撮影した睡蓮

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROに2倍のテレモアを装着して撮影した睡蓮です。
中古で2千円もしなかったテレモアなのでカビやクモリがあるのは覚悟してましたが、それでも睡蓮の撮影でたまに使ってます。
フリンジゴーストが盛大に出るのがわかってても、寄るに寄れない状況ではそれも致し方ないと。
さらにはピントが合わないのも承知でです。
それでもこんなピンボケではしょうがないし、もう使わないと決めました。
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROに中間リングだと、撮影できる距離が制限されてもピントが合わないことはありませんから。



昨日の西城秀樹さんの訃報のショックがさめやらないのに、今朝また星由里子さんが亡くなられました。
去年テレビで見た時は元気そのものだったし、若大将シリーズでのヒロイン役は今も眩しいぐらい輝いてるのに・・・

星由里子さんについて検索してると酒井和歌子さんの名前が出て来て、それに関連し「料理バンザイ!」が。
この番組を探して見ると、アシスタントは酒井和歌子さんでなく中村あずささんでした。
中村あずささんといえば「噂の!東京マガジン」のアシスタントをしてましたが、清水国明や笑福亭笑瓶らにいじられたじたじになってたのが初々しかった。
それがラガーマンと結婚し今では芸能界を去ってますが、ふ、ため息覚えて、ふ・・・と歌ったCDを持ってるのはお気に入りだったからです。
話がそれましたが、「料理バンザイ!」のゲストは潮哲也さん。
潮さんといえばなんといってもホテルのフロントを二枚目役で演じてた、田宮二郎さん主演の高原へいらっしゃい。
由美かおるさんと池波志乃さんに尾藤イサオさんら若手を、北林谷栄さん益田喜頓さん岡田英二さんに津島恵子さんといったベテラン勢が引き立て役となって、廃墟同然のホテルを見事再建し離婚寸前だった三田佳子さんと田宮二郎さんが復縁するほのぼのとしたドラマが懐かしい。
舞台になった野辺山にある八ヶ岳高原ヒュッテには何度も行ってますが、今の東京は梅雨をを思わせる蒸し暑さでも、あちらでは清々しい新緑が眩しいさわやかな季節。
若大将シリーズで爽やかなヒロインを演じてた星由里子さん。
74歳で逝っては早すぎますが、ご冥福をお祈りいたします。
このところ訃報続きだし、今月末で65歳を迎える自分も、いつ逝ってもおかしくない年なのかと思わずにいられません。

藤井キラーの井上門下の船江恒平六段と対戦してる藤井聡太六段。
8時半過ぎ現在終盤にかけてやや優勢で七段昇段に王手をかけてますが、勝負は下駄をはくまでわかりませんけどね・・・

※9時前藤井聡太六段が勝って七段昇格決定です。
関連記事

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROと接写リングN.O2で撮影したヒガンバナ

今から50年前の中学時代書類やプリント写真をコピーするのに接写リングを使用したことがあります。
写真部にその接写リングがあったので借用しての撮影でしたが、三脚を持ってなかったのでブレてボケてたのを覚えてます。
接写リングを使用すると極端に被写界深度が浅くなるのでなおさらボケてしまいました。
当時接写リング中間リング)はまだマクロレンズが一般に普及してなかったとき花の撮影に重宝してたようです。

9月半ばそろそろ彼岸花が咲くころだと例年撮影しに行ってるところへ。
ところが咲いてません。
それも一か所だけでなく違うところも。
少しして行くと、今度は咲いてましたがなかには萎れてるのもあり、おかしいと思い調べるとヒガンバナはいっきに咲くのだとか・・・

ヒガンバナをアップにしても花が細長く群生してるのが多く、万能ズームSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DCでいくらボカシてもうるさくなるのでSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROに接写リングN.O2を併用しました。
ズームレンズに接写リングを併用したらどうなるのか疑問がありましたが、すでにアジサイやスイレンを撮影しててそのボケの効果のほどは検証済み。
ズームの広角側ではピントが合いませんが望遠側にしていくとピントの合う範囲がかなりあるので、多少制限されるものの利用価値は大です。

接写リングとか中間リングと呼ばれてたのが今ではコンバージョンレンズといわれ、しかもヘリコイド式のもあってマクロレンズなみのボケを手軽に写せます。
いろんなマウントが発売されててオールドレンズも使えますがレンズなしの中間リングに比べるとかなり高価ですが、マクロレンズを何本もそろえるよりはるかに安い。
ましてや昔の接写リングは3本セットでも中古なら片手程度で購入できます。
これから花の季節ですので、そんな取り合わせで撮影するのもいいのでは~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO / 接写リングN.O2
butterfly_0003.jpg 2016_09_0029.jpg 2016_09_0030.jpg 2016_09_0031.jpg 

2016_09_0032.jpg 2016_09_0033.jpg   
関連記事

雨に濡れたアジサイ

先日雨が降る中アジサイを撮りに行きました。
中間リングを利用してのテスト撮影が目的なので、開花してても色づいてるのが少ないのはいいんですが、それより撮影したのが400枚あったのに残したというか残ったのは90枚。
削除した大半はピンボケですが、それ以外のもどうしてこんなのを撮ったのかというのが多かったし、ここに掲載したのにしても満足してるわけでもない。
もっともっと、どう撮るか真剣に考えなければと反省しきりです。
背景が暗いと雨脚が難なく写りますが、雨に濡れたアジサイの雰囲気は出てるでしょうか?

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4 MACRO領域あり / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR / 中間リングN.O2
flower_ajisai_0011.jpg flower_ajisai_0014.jpg flower_ajisai_0012.jpg flower_ajisai_0013.jpg      
関連記事