思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

亡きブロ友を訪ねて 

2009年秋母が亡くなり、その翌年結婚した当時父親と住んでた広島県府中市の上下町がどんなところなのか知りたくなりました。
それでも葬儀を終え納骨すると虚脱状態になり、なにもする気になれない日々が続いてました。
年が明け春になっても半ば鬱状態のこちらをブロ友の方たちが気遣ってくれてました。
その一人に広島在住の方がいました。
元は川崎市在住だったようで、こちらも二十歳ごろその川崎で仕事をしてたことがあり、おたがいすれ違ってたのかも知れないとブログで書きあってました。

その方のブログの更新が止まったままになり、どうしたのか案じてると火事で亡くなったことを知りました。
寝た切りの母親との二人暮らしで老々介護の果てストーブからの失火で火事になったそうです。
末期癌の母のことでなにかと激励してくれてたし、飛んで行きたかったものの、長い間仕事を休んでたのでそうもいきませんでした。

それから一年たったこともあるし、上下町へ行きたかったしブロ友の墓参りを兼ねて行く決心をしました。
ところが、すべての手配を終えたところで東日本大震災が起きました。
航空券と宿を手数料なしでキャンセルできるというのでキャンセルしたものの、やはり行こうと再度計画を練り直したものです。

上下町は白壁が多い町並みですが、両親がいたのは町はずれの山村だったようで、身内がいる訳でないしどこだか見当もつきませんでした。
それでも食堂を兼ねた宿の女将さんがそんな山村まで車で案内してくれました。
宿自体古くても気のやさしい女将さんでした。
 travel_hiroshima_0002.jpg 

その上下から三次に出て芸備線でブロ友がいた戸坂へ。
駅に降り立つとローカル線らしき感じですが、タクシーでブロ友が住んでたところへ行くと山林を切り崩したような住宅街。
人っ子一人いないなか空き地があり、もしやと思い近所宅で確認すると釣り爺さんのぼやきというブログを運営してた北田さん宅でした。
火事を通報したのもその近所宅の方で、最寄り駅へ行くのに送って行こうといいますが、かなり歩きそうだし帰りは上り坂になるので途中で引き返してもらいました。
北田さんがこの長い坂道を上り下りしながら市内のグローバル塾まで通い、そのうえ母親の面倒を見たりで大変な思いをしてたのではと・・・
travel_hiroshima_0003.jpg travel_hiroshima_0004.jpg 

墓がある国前寺は桜が満開で、二回忌の北田親子に春が来たと教えてるようでした。
墓前には花だけでなく缶コーヒーが添えられてたし、塾生たちの思いやりが偲ばれました。
travel_hiroshima_0005.jpg travel_hiroshima_0006.jpg 

両親が住んでたところを見たいのとブロ友の墓参りのほかにもうひとつ、金本耕三が母を偲んで建立し西の日光といわれるほど立派な耕三寺へ行くのも目的でした。
自分にしても北田さんにしても母に対する思いが強かったし、だとすれば金本耕三の偉業を見て損はないだろうと・・・
陽明門や平等院に五重塔は法隆寺のを模したものですが、若干高い入場料以上に見る価値ありでした。
travel_hiroshima_0007.jpg 

北田氏が亡くなってまる7年たち、今日は八回忌なのにあいにくの雨模様ですが、母ともに極楽浄土で第二の人生を謳歌してることでしょう。
グローバル塾の塾生たちに親しまれた北田昌利さんを偲んで合掌です。
テーマ: 独り言 | ジャンル: ブログ |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑