思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

内臓ストロボで撮影してみた 

薄暗いところに咲いてるホトトギス
手持ちでなんとかぶれずに撮影できるものの高感度に設定してるのざらついた画像になるのは必至。
それでPENTAX K-5Ⅱsの内臓ストロボを発光させました。
露出を-2.0補正してるのでストロボ発光してもテカリがほとんどないというか、ストロボ発光したとは思えないほど自然な写りでした。
これなら高感度にしなくて済むので画像のざらつきを気にすることなく撮影できる。
内臓ストロボといえども侮れないと痛感する次第でした。

上段左がストロボ発光させたもので右は発行せずに撮影したものです。
いずれも圧縮しただけで画像処理してません。
下のはストロボ発光で撮影した小径に咲くホトトギスです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
 2017_10_0021.jpg 

2017_10_0023.jpg
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ホトトギスは春ですが秋でも・・・ 

目に青葉 山ホトトギス 初ガツオ

このホトトギスは春の季語に使われますが、山野草のホトトギスは盆過ぎから秋に見頃を迎えるようです。
それも種類が多く画像のホトトギスが山ホトトギスなのか台湾ホトトギスなのかわかりません。
猫を撮ってたら日陰にひっそり咲いてたのを撮ったのは、このところネットでしきりに見かけてたし自分でも撮ってみたという次第。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC
2016_10_0011.jpg 


先日富士山が初冠雪したというニュースがありましたが、例年よりかなり晩かったようです。
それにしては東京は肌寒い日が多く昨日はストーブを焚いたし、今朝起きたら身震いするほどでした。
日によって極端に気温が乱高下し体感温度がかなり大きいからでしょう。
あと2日で11月になり、霜が降りる季節。
そうなれば大気が澄んで都内から富士山が見える日が多くなり、秋というより冬。
そろそろ木枯らしいちばんが吹いてもおかしくないでしょうね~~~

テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑