思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

冬来たりなば春遠からじ 

先人達の名言は数多ありますが「冬来たりなば春遠からじ」は寒さが身に染むこの時期まさに身をもって体感する言葉でしょう。
今週末から来週にかけ東京でも氷点下になり所によっては積雪もあるかと・・・
下の画像はまだ松の内に撮影しそれを寒中見舞いに利用しましたが、大寒まで厳しい冷え込みになるでしょうし皆さん風邪などひかないようにして欲しいものです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
青空にウメと東京タワーの絵柄で比較的コントラストの高い画像ですが、露出補正は+1/3です。
カメラのアルゴリズムは青空を意外と暗く判断するようです。
これが曇って空が白いと露出補正は+1以上になるでしょうが、それも時々で変わるでしょう。
F11まで絞ったことでフリンジもあまり発生しませんでした。
flower_ume_0210.jpg
テーマ: 季節の花 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

早咲きの梅が見頃ですがフリンジが発生してませんか? 

の見ごろの最盛期は2月半ば過ぎから3月ですが、早咲きのが開花してるので撮影してます。
アジサイやハナショウブなど背丈が高くても1メーターほどですが、ウメだけでなくサクラにしても樹木として花をつけてるのは背丈が高く、背景が空になることが多いです。
それで花に近づきアップで撮るならいいんですが、はなれたところから木の一部とか全体を撮ると枝にフリンジが発生しやすい。
草花だけでなくウメやサクラにしても逆光線の状態で撮影することが多く、空が背景になればよほど暗くなければ逆光と同じ条件になります。
それで花に露出を合わせれば幹と枝は黒くつぶれてしまい、その結果なってパープルフリンジやグリーンのフリンジが発生しやすい。

赤い矢印がフリンジ発生個所ですが、矢印以外にも枝の輪郭いたるところに青というか紫がかってます。

flower_ume_0098.jpg

flower_ume_0099.jpg flower_ume_0100.jpg flower_ume_0102.jpg flower_ume_0101.jpg       

フリンジが発生するのは背景との明暗差が高い場合が多く、またレンズ自体の性能で左右される。
高価なレンズでも場合によってはフリンジを防げないときがあるでしょう。
それでも画像処理で軽微なものは除去できますが・・・

斜光線や逆光線状態だとモチーフを浮き立たせやすい。
ウメやサクラはローアングルよりハイアングルで撮影するのが圧倒的で、カメラを太陽に向けてなくても空が逆光線と同じ状況になるしフリンジはつきもの。
ましてや昔のレンズは今のコーティングと比べれば劣ってるだろうし鏡筒内での乱反射もあるでしょう。

そういった状況を少しでも緩和するにはどうするか?
レンズの絞り値を大きくするのはもちろん、UVフィルターの併用でしょうか?
それだけでなく画面がけられる寸前までフードを長めにするのも有効だと思い、試しにSMC PENTAX A 35-70mm F4にケンコーのメタルフードにマルチレンズフードを重ねましたがあまり効果はありませんでした。
オールドレンズだけに遮光だけではフリンジの発生を抑えるのは限界なんでしょう。
それなら露出オーバー気味にし、幹や枝が黒つぶれしないようにすればと試してもその効果は?
flower_ume_0103.jpg  flower_ume_0104.jpg flower_ume_0105.jpg   

フリンジ対策でこれだという決定打はないんでしょうかね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SMC PENTAX A 35-70mm F4 MACRO領域あり
テーマ: デジタル一眼レフ | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑