思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

昭和のこども写真展 

ここが元防衛庁だったと知ってる人はかなり少ないでしょう。
2007年に東京ミッドタウンが建つ以前は防衛庁の敷地でした。
それから8年たてば東京ミッドタウンがあって当たり前のように思い、防衛庁があったとは信じがたい思いの方もいるのでは?
town_0002.jpg 

私が初めて六本木へ行ったのは高校生のころですから、45年ほど前です。
六本木の交差点から飯倉方面へ行った左側にハンバーガーインがありました。
このころ銀座で歩行者天国が始まりマクドナルドがオープンしハンバーガーを歩きながら食べる光景をよく見たものです。
六本木ハンバーガーインへ行っても子供のころ魚肉の赤いウインナーのホットドッグに慣れ親しんでたこともあり、ハンバーガーでなくホットドッグを食べてるほうが多かった。
そのハンバーガーインは閉店し麻布の方で新装開店してるようですが、六本木や麻布などバブル崩壊以降ほとんど行ってません。

それなのになぜ昨日行ったかといえば、フジフイルムスクエアで昭和のこど写真展が開催されてたからです。
木村伊兵衛土門拳、濱谷浩、林忠彦、田沼武能、熊切圭介らが戦後から高度経済成長に至る間を撮り続けたものですが、子供たちを通して当時の時代背景を如実に物語ってる写真はドキュメントーそのものです。

歌は世につれ世は歌につれといいますが、写真も同様です。
時代を物語る写真。
街角写真に人が写り込むのは当然ですが、昨今の個人の肖像権や著作権侵害問題で気楽にスナップできない。
幼稚園児らすら顔を隠すのに、そのくせテレビカメラだとピースサインを出しながら自ら映ろうとする。
それも今という時代だし、それさえもうまく表現して残していくのが写真家の務めでしょうが、加納典明氏など渋谷のスクランブル交差点でシャッターを押すことはないだろうといってます。
その詳細についてはこちらを参照してください

トラブルを起こさないためには賢明でしょうが、記録写真としてだけでなくスナップ写真としても残せないのはあまりにも寂しいし、何十年かたった時、東京ミッドタウンの広場さえ後世に残すことができないのでは?
昭和のこども写真を見て、そういうジレンマを感じました。

写真展は9月30日までです。
town_0003.jpg 

撮影機材 LUMIX DMC-FZ1000
テーマ: 昭和レトロ | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑