思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRを三脚利用で梅の撮影 

smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR三脚利用で梅の撮影をしたままで記事にしてないのがありますので、旅の記事の途中ですが割り込ませていただきます。

マクロ撮影で100㎜ともなれば被写界深度がかなり浅くなるのでピント合わせが大変だし、そのうえ手ブレでピンボケを量産するのは必至。
それでもまぐれでハチにばっちりあったのもありましたが、やはり三脚利用が無難でしょう。

三脚があればブレない。
そう思ってたんですが、手ブレしないものの開放近くで撮影したのはやはり深度が浅いので、フォーカスポイントいがいがかなりボケて全体がピンボケみたいに写ったのが多かったです。

これはどこにフォーカスポイントを合せるかが鍵で、トリミングしてピントが合ってる部分を大きく見せるならいいですが、花全体を写した場合ピンボケのように見えてしまいます。
マクロ撮影で三脚利用が初めて。
いい勉強になったというか、課題を見つけた気分です。

大寒を過ぎれば梅がそこかしこで見頃になるし、梅が終われば桜。
そのときにピンぼけ写真にさせないためにも今のうち勉強しようと思います。
かといってメシベばかりにピントを合せるのではありきたりな写真になってしまいそうですが・・・

flower_ume_0008_201501160905188d2.jpg flower_ume_0005_2015011609052010a.jpg flower_ume_0006_201501160905217bc.jpg flower_ume_0007_201501160905229da.jpg             
テーマ: マクロレンズ撮影 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑