思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

猫の獲物はトカゲ 

ヒガンバナを撮影しに行った昼下がりまったりしてた猫が体勢を変えたかと思うと目がぎらついた。
他にも猫がいるので取っ組み合いするのかと思いきや、そうではないらしい。
こちらが見てる限り猫が見つめてるものなんなのかわからない。
その猫がのそりのそりとほふく前進したかと思うといきなり飛びかかったというか、低空飛行するような感じで2メータほど先の叢に。
トカゲを捕まえたのだ。
ライオンやチータのようなそのしぐさに、猫は小さなライオンだといった岩合光昭さんの言葉が思い出される。
猫はまさに名ハンターなのだ。

ここまで書いて記事のタイトルを狩人にしようかハンターにしようか迷う。
主義としてやたらに横文字を使いたくないが、ハンターなら誰でもわかる言葉なのでハンターに関連したものにしようかと。
それでも記事に関連付けるのは短絡すぎるのではと思案してると、ハンター~~~と叫んでた深夜のテレビコマーシャルを思い出す。

よくレコードを聴いてた高校時代コタニとかフォノといったレコード屋とともに銀座ソニービル地下にあったハンターにも行ってました。
というのは輸入盤が格安で販売してたからで、ジャズを聴き始めたこのころ銀座でアルバイトをしてたこともあり足繁く通ったものです。
ジャズだけでなく人気沸騰中だったカーペンターズなどポップスも取り揃えてたので欲しいものがいっぱいありました。
ソニービルの地下は何度か改装するうちハンターがなくなったのはいつだったのかとんと記憶がない。
数寄屋橋にフジフィルムのギャラリーが、そして向かい側にはニコンセンターがあり、写真をかじってたものとして銀座はなにかと足を向けることが多かったのに、いつの間にかハンターへ行くことがへってたからでしょう。

そんなことが脳裏を駆け巡るなかタイトルをどうしようか再び思考してると、ブレてピンボケになってるもののトカゲだというのがわかるし、そんなことで猫の獲物はトカゲにすることに。
タイトルというよりありのままの文章はひねりがなく味気ないんですが、それはなにもこの記事に限ったことでないし・・・
ブログのタイトル付けは悩ましい限りです。
それは一枚の写真にタイトルをつけるにしてもそうで、以前写真同好会の会展に出品するときにも大いに悩まされたものですが、それは年に一回だったのにブログはほぼ毎日ですからね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
cat_shi_0007.jpg cat_shi_0008.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑