一度覚えたら忘れられないトケイソウ

名前を知らない花が星の数ほどあるなか、一度覚えたら忘れられないトケイソウ
なぜなら時計の文字盤と長針短針のような姿だからです。
朝なにを食べたか思い出せないことがあるし花の名前を覚えるののは大変でも、このトケイソウとかビヨウヤナギなど個性的なのは度忘れすることがあってもすぐ思い出せます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO


春から放送されてた「やすらぎの郷」 が9月に終わりましたが、昨夜出演者たちによる同窓会的番組があるのを見てました。
錚々たる出演者たちが七十代以上という高齢で、オンエア中に野際陽子さんは他界してしまった。
この野際陽子さんを初めて見たのはすでにNHKのアナウンサーを辞めて女優に転身し、梶山季之原作の赤いダイヤというドラマに出演してるときでした。
主人公役の大辻伺郎が恋焦がれる悪女役でしたが、半世紀以上前10歳の私が見てもセクシーと感じてたのはませてたのか?
この「やすらぎの郷」は野際陽子さんや八千草薫さんに浅丘ルリ子さんと石坂浩二さんをはじめとした出演者が高齢というだけでなく、放送界を皮肉ってるような脚本が話題になってたし、原作の倉本聰さんが来る東京オリンピックに向けて禁煙を声高に訴えてる風潮に逆らうように、出演者のほとんどがタバコをぷかぷか吹かすシーンが多かったのは愛煙家たちの留飲を下げさせたのではないでしょうか?
それだけでなく高齢とはいえ豪華キャストたちに高齢者たちが好んで見たのは想像に難くないし、高視聴率を上げたことでテレビ関係者にしても固唾を飲みながら見てたに違いない。
でも終わってれ見ればさしたる反響がなかったのは、視聴者の多くが高齢者でネットに書き込むことなどしなかっただろうか?
これに対し若者向けのドラマ「カルテット」や「逃げるは恥だが役に立つ」では放送終了後の反響がものすごかった。
高齢者だからネット利用をしてないとは限らないですが、いちいちテレビドラマについて発信しようと思わないのかも知れない。
一過性のことに動じないというか、ただ見てお仕舞にしてるのか・・・
そういう状況に物足りなさを感じてただけに、昨夜の中居正広の身になる図書館でとりあげた「やすらぎの郷」は意義ある番組だったし見ごたえがありました。
倉本聰さんもかなりの高齢で今後も脚本を書くのかどうか知りませんが、山田太一さんは絶筆状態で心を揺さぶる番組が少ないし、今後のテレビドラマの行方が気になります。
そんな今池井戸潤さんの「陸王」が放送され毎回見てます。
毎度おなじみのパターンですが、脇役の檀ふみさんと阿川佐和子さんに正司照枝さんらの演技に見入ってしまう。
もちろん主役の役所広司さんの熱演もいいですけどね~~~
関連記事

晩秋に咲き誇る皇帝ダリアにトケイソウとランタナ

smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0は正確にはマクロレンズではなく80mmにすると最短距離が短くなります。
俗にいう簡易マクロですがこれが結構使える優れもので、花の撮影には必ず携行してます。
とはいえ、逆光に弱くフレアとゴーストにフリンジが発生するし、モチーフ前後のピントが合ってない付近ではボケがにじんでうるさく感じることもあります。
それも光線やアングル次第で変わりますが、標準から中望遠域をカバーしてくれるズーム比が便利だし柔らかなボケ具合が好きで多用してます。

そんなレンズで、晩秋に咲き誇る皇帝ダリアトケイソウランタナを撮影しました。
smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0の欠点が顕著に出てる画像ですが、高倍率の万能ズームよりまだましだし、何よりも軽いので長時間撮り歩きしててもさほど疲れないのがいいです。
鏡筒がもう少し短いといいんですけどね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0 Macro
2015_11_flower_0012.jpg 2015_11_flower_0010.jpg 2015_11_flower_0011.jpg
関連記事