思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

画像処理に思い悩むチューリップ 

晴れてるとき撮影したチューリップです。
内側は筋状のピンクに色づいてますが、外側だけでなく全体的に白い。
段階露出で撮影したのをモニターで確認し、あとは画像処理でどうにでもできると判断しました。
なぜそう判断したかといえば上記したように露出値を変えながらアンダーからオーバーに4枚撮影してたからです。

ところが帰宅してPCに転送したのを見ると、カメラのモニターで見たのとかなり違う。
濁ってるし適正露出が1枚もないんです。
それにホワイトバランスもおかしく、画像処理するのにてこずってしまいました。

肉眼で見たときは透けるほどではなかったにしろ、もう少し明るかった。
それでトーンカーブを調整するとコントラストが強くなるし、そうでなくても白飛びを起こしてるので明度と彩度を上げたり下げたり、あれこれやっても見た目と同じようにならない。
白飛びを抑えパステル調にならないようにと・・・
それでもまだ濁ってて見た目よりかなり暗い。
かといってこれ以上明るくすると、写真でなくパステル画のようになってしまいそうでした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 2017_04_0008.jpg 2017_04_0009.jpg
テーマ: ひとりごとのようなもの | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ありふれた花壇 

ありふれた花壇に咲いてるチューリップ
flower_spring_0026.jpg 

昨日記事にしたチューリップはここで撮影しました。
三脚や一脚を利用せず花壇の縁石に座り込み、それでとにかくカメラをぶらさないように肘と脇を固定してです。
ま、手ブレカメラブレを防ぐのはともかく、この花壇のチューリップをどう撮れば映えるか?
そう考えながら撮影したのが昨日の画像ですし、今日のもそうです。
ありふれた花壇の背景はうるさいのでぼかすのが常套手段ですが、帰宅してからもっと他に撮りようがないかあれこれ考えましたが、個性のない自分にはこれが限界だろうと・・・

昨日の記事を今一度ご覧いただき今日の画像と併せて見くらべていただければ、こちらの意図してることがお分かりいただけると思います。
撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-DFA MACRO 100mm F2.8 WR
flower_spring_0024.jpg flower_spring_0025.jpg  
テーマ: 街の光景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

禿げてるとはいわない医者 

昨日朝7時半に自宅を出て受付をすると人気のある内科医の受診は8番目。
これでは10時をまわるが、他の科が3番目で受診するのでちょうどいいかも知れない。
10時前内科医から苛々することないですかといわれ、おかしなこと聞くと思いながら理不尽なことがあるとストレスが溜まると告げた。
ストレスが堪ると痛風の発作が出やすくなるからだろうか?
背中に聴診器を当ててる医師が、とにかくストレスを溜めないようにという。

診察を終え6種類の薬を処方してもらうのに、飲み間違えてはいけないので一包化するように頼むと1時間ほどかかるといわれた。
これまで飲み間違えを何回かしてるし、1時間かかろうがしょうがない。
病院帰り、当てはないものの撮影するつもりでカメラを持参してたし、スナップでも撮ってれば1時間などあっという間だ。

薬局から少し歩くと閑静な住宅街。
そこは何を撮るにしても面白みに欠けがっかりしてると、ある家の前に20株ほどチューリップが咲き誇ってた。
横浜公園へ行けばチューリップは何万本も咲いてるが、往復の電車賃が馬鹿にならないし、しめしめと思いながら撮影。
ところがひさしぶりにスカッとした青空だというのに、風雲急を告げるが如く一転して雨粒が落ちてきた。
天気予報では確かに変わりやすい天気だといってたが、それは午後から夕方にかけてのはず。
とりあえず雨を凌げるところへ退避。
うまい具合にベンチがあり、そこでズームからマクロにレンズ交換。
PENTAX K-5Ⅱsにsmc PENTAXにDFA MACRO 100mm F2.8 WRなら防塵坊滴処理してるので、多少の雨でも撮影できるし通り雨が小粒になってきた。

チューリップの撮影をすませ薬をもらったのが昼前。
たまには外食しようと馴染みの街の馴染みの店へ行こうと思うが、この時間では込んでるはず。
それなら馴染みの猫に会いに行こう。
そう思ったところでうまく会えないのが外猫。
外猫といっても元は飼い猫だし、今でも飼い主のところにもどったりしてる三毛猫。
その飼い主が、ひさしぶりに晴れてどこか行ってるみたいだという。
というよりめったに帰って来ないに違いないのを知ってても、そうですかと苦笑い。
三毛猫が塒にしてるところへ向かってもいないが、空き地から飼い主宅の枝垂桜が見える。
かなり散りかけてるが光線の状況がよくもどって撮影。
それでまた 塒へ行くと三毛猫が日陰でまったりしてた。
そしてこちらの顔を見るなり駆け寄って来た。
3か月ぶりに見る三毛猫は相変わらず元気で、足元でごろにゃんしまくり。
そこに女性が通ると、突然三毛がその後を追って行く。
あぁ、この人が三毛に餌を出してたと思いだす。

その人の家の前で三毛の仔猫のことやなんやかんやと話した後、馴染みの店へ行くと猫を撮ってきたのかといわれる。
たしかに猫を撮ってたが、今日はなんといってもチューリップと枝垂桜のことのが気になるものの、苦笑しながらそんなところでとお茶を、いやビールを濁した。
帰宅後汗ばんでるのでシャワーを浴び頭を洗うと、襟足というか首の後ろあたりがつるっとしてるのを感じた。

こんな記事を読んだ方のなかには、なんとも暇人だと思う方がいるでしょう。
こんな私でもストレスを抱えてしょうがないんです。
何にストレスが堪るかといえば昨日のことでいえば、自民党がNHKとテレビ朝日に番組内容について調査するということ。
その仕掛け人はいうまでもなく安倍晋三だろう。

この安倍晋三、テレビ局と新聞社のトップを集めなんども会食してるのはどういうことだ!
そして古賀茂明にバッシングを受けたといわれ、はらわたを煮えくりかえしてる菅義偉にしても尤もだと同調してるのだろう。
安倍晋三はアベノミクスを評価してない人間ばかりにインタビューしたのを放送したのはテレビ局として公正中立でないと噛みついてたが、アベノミクスを評価してるのは儲けてる大企業と株屋だけではないのか?
国民の半数以上が生活が苦しいと思ってるのをどう考えてるのか!

こんな駄々をこねる幼稚なのが総理大臣だし、自分の保身に汲々してる国会議員ども。
明けても暮れても痴漢だの盗撮事件を起こしてる公務員が後を絶たない。
電車に乗れば、崩しようのない顔を化けさせようと必死になってる厚顔無恥女に、マナーの悪い人間の多さに辟易するばかり。

シャワーを浴び何気なく首の後ろを鏡で確認すると、五百円玉ふたつ合わせたぐらいのひろさでごっそり毛が抜け落ちてた。
いわゆる円形脱毛症だろうが、いつなったのかはっきりしない。
政治だけでなく自分を取り巻く環境に対しいつも不満を感じてるのがいけないんだろう。
花や猫を撮り歩いて気分転換してるつもりだったが、これでは内科医がストレスを溜めるなというのも無理ない。

禿げてるとはいわない医者だったが、ツルッパゲになるかも知れないな・・・

flower_spring_0010.jpg

flower_spring_0011.jpg
テーマ: 写真日記 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑