思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

木製物干しにスカイツリー 

ここを何度か撮影してるのは、昭和の遺物と化した木製物干しと近代が誇るスカイツリーのアンバランスな組み合わせが面白いからです。
それでも限られた構図にしかできないジレンマがあるし、曇ってても空が背景になれば物干しが黒くつぶれがちになる。
そうならないように露出をプラス補正すれば背景の家とスカイツリーがとんでしまう。
三脚利用でHDR撮影すれば解消できますが、何キロも歩きまわるスナップ撮影に三脚を持ち運ぶのは疲れてしまうので持参してません。
ということでRAW現像する際、アンダー・適正・オーバーの3枚のレイヤーを合成しHDR撮影したような感じに仕上げました。
コントラストが上下か左右きっちり分かれてるならハーフNDフィルターで処置できるでしょうが、左のように混在してるような構図では不可能でしょう。
明暗比の高い画像をこうして再現できるのは画像処理の妙というか画像処理ソフトのおかげですね。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 kyojima_0016.jpg 

今日「やすらぎの郷」が最終回でした。
中盤見ないこともありましたがストーリーもさることながらほとんどが八十代前後の出演者たちに圧倒されるばかりでした。
六十代半ばの自分が朝なにを食べたか思い出せなかったり、外出したはいいものの鍵を閉めたかガスを消したかといった強迫観念に駆られ、したことを思い出せないことが多くなってるというのに、やすらぎの郷の俳優たちは台詞を覚え演じてた。
台詞を覚えるのが仕事とはいえ八十歳前後で記憶力は衰えないものかと感心しながら見てました。

内容はテレビをつまらなくしたテレビ局を皮肉ってるし、原案と脚本担当の倉本聰は愛煙家ということで男優女優問わず煙草をふかすシーンが多いのも時勢を皮肉ってるようでした。
テレビにしても喫煙にしても問題提起してるように感じたし、単なる団塊世代向けとは一味違うドラマでした。

このところリアルタイムでテレビを見るのはニュースぐらいで、あとは動画サイトで見てることが多い。
ドラマにしてもバラエティーやその他もろもろを見られるし、こんなのがあったのかとときめいて見るのもある。
それでも「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」とか「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」など各地を巡るロードサイド物は気楽に見られて面白い。
それなのに毎週のように見てた土曜スペシャルの旅番組とか大和田伸也ナレーションの「いい旅夢気分」がほとんど見ることができないのが残念でならない。

テレビがつまらなくなったというのは若者たちだけでなく年寄りも同様なのかテレビ離れが多い。
理由はいうまでもなく見たい番組がないからだし、見ててほっとしたりクスッと笑えるのがないからでしょう。
どうでもいいことを大袈裟に、それも無理に笑わせようとする番組にそっぽを向くのは当然で、視聴者をくすぐる番組がないのか見つからないのか?
そういう意味ではテレビ東京はなにかと話題の番組が多いし、テレビ朝日にしても今回のやすらぎの郷ドラマとはこういうものだと見せつけてくれた。
まだまだテレビは捨てたものではないと思いますけどね~~~

敬称は略させてもらいました。
テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ヒマワリとスカイツリー 

今年あまり目にしなかったヒマワリスカイツリーのそばに咲いてました。
台風の影響で今にも雨が降りそうで、せっかくの三連休がもったいないようで・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

長屋がなくなっていく京島 

昨日テレビ東京が「朝の!さんぽ道」墨田区京島の特集をしてました。
21年前の散歩道というガイドブックをもとにタレントが歩き回ってましたが、掲載されてる長屋とか銭湯がなくなってるのを目の当たりにしてがっかりしてたが、こっちはなくなる前にそんなのも撮影してました。

こちらが京島へ初めて行ったのは7年前でスカイツリーの建設真っただ中でした。
21年前の京島は知りませんが、40年ほど前浅草から向島へ行ったときマンションなどなく棟続きの長屋風の窓を開け放った二階から三味線の音が聞こえてきて下町情緒たっぷりでした。
向島芸者の街だし、粋な姉さんの三味の音に聞き惚れた知人が道端からチップだとばかり、小石を包んだ千円札を投げ入れたものです。

戦時中空襲に遭ったその向島界隈の住民たちが空襲に遭わなかった京島へ大挙して引っ越して行ったそうです。
京島は田畑が多く区画整理することなくそんな避難民のためにあちこち長屋が建てられ、それが初めて行った2010年でもまだかなり残ってました。
それでも行くたびに空き地だったところにモダンなマンションや民家が建ってたり、住んでたはずの家が空き家になったりで、街並みがどんどん変わっていってました。
kyojima_0002_20170903092329950.jpg kyojima_0001_20170903092327bb2.jpg kyojima_0003_2017090309233092b.jpg kyojima_0004_2017090309233151f.jpg kyojima_0003_2017090309233092b.jpg  kyojima_0005_20170903092400d63.jpg kyojima_0008_20170903092405f40.jpg  

上の空き地は現在住宅が建ってますが、ここはまだそのままのようです。
kyojima_0006_20170903092402592.jpg 

古い屋並がどんどん建て替えられ長屋がなくなっていく京島です。
kyojima_0009_20170903092425f20.jpg kyojima_0010_20170903092426f2a.jpg kyojima_0011_20170903092428ae1.jpg          

農地を整備しないまま建築したので畦道が路地として残り、まさに鰻の寝床といった感じで所狭しと建ってた屋並。
それも大正時代の建築でトタン張りが多い。
それらのほとんどは淡いグリーンと濃いブルーのツートンカラーで、チョーキングを起こし粉をふいたトタン長屋が集まってるのに郷愁を感じたものです。
トタン張りは夏は暑く冬は寒いし、プライバシー重視の若い者たちはどんどん出て行くとともに核家族化が進み、残ってる住人といえば年寄りばかり。

それでも長年暮らしてたし知らないところへ行かず、遠い親戚より近くの他人とばかりお年寄りたちは近所付き合いを楽しんでる方たちが多かった。
そんなお年寄りたちは猫を可愛がってるのが多く、黒猫に惹かれて行くと老婦二人が立ち話をしてた。
いずれも大正末期か昭和初頭の生まれという容貌でも矍鑠としてて、黒猫の飼い主は長屋に惹かれて写真を撮ってたのが、いつの間にか黒猫を撮るようになってそれも何度も来ては写真をくれるのが多いと嬉しそうにいってました。
こちらもそんな黒猫を撮影したもののその後行っても黒猫と会えないし飼い主を見なかったのは、その老婦が病に倒れ黒猫を身内に引き取らしたからでした。
その老婦が亡くなり玄関の曇ガラスの引き戸に羽目板がバツ印に打たれたのを見たとき、すぐに行って写真を渡してあげたかったと後悔の念に駆られたものです。
kyojima_0012_2017090309242926c.jpg

この京島へ興味を持ったのは郷愁に惹かれてのことですが、あちこちに猫がいたのに歓喜しその後何度も撮影してて、猫と街並みと分けてフォルダーを外付けハードディスクに保存してました。
猫は別のハードディスクにバックアップしてましたが、街並みとか動物やその他にもいろんなジャンルのをバックアップしてなかったそのハードディスクがお釈迦になってしまったのが先月。
と同時にPCの調子が悪いし・・・

それでも昨日見た「朝の!さんぽ道」の京島に、猫のフォルダーを見ると懐かしい屋並がけっこう残ってたし、ハードディスクがお釈迦になったのはしょうがないと諦めながらもほっとしてるところです。


撮影機材 NIKON D90 /Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G

テーマ: 何気ない日常の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

京島から見るスカイツリー 

京島から見るスカイツリーです。
戦前からの建物が多く残ってる京島も建て替えが進んでて、いつかスカイツリーが見えなくなる日が来るかも知れません。
空き地だったところも新築してるところが多くなってます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
kyojima_0004.jpg kyojima_0005.jpg kyojima_0006.jpg kyojima_0007.jpg kyojima_0008.jpg 

kyojima_0009.jpg kyojima_0010.jpg kyojima_0011.jpg kyojima_0012.jpg kyojima_0013.jpg kyojima_0014.jpg 


このところ晩酌だけで夕飯を食べないことが多くなってる反面、無性に稲荷寿司とかかっぱ巻きを食べたく思うときがあります。
それなのに昨夜、五目御飯にしようとしたら干し椎茸と高野豆腐がない。
ま、それでもいいと、米酢に三温糖と塩に昆布出汁で合わせ酢を作り金糸卵をちらして出来上がり。
キュウリとワカメの酢の物に脂がのってない塩鮭で、ひさしぶりに晩御飯を食べましたよ。
cooking_0014.jpg cooking_0015.jpg cooking_0016.jpg cooking_0017.jpg
テーマ: 街の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 8 | edit

ページトップへ↑

亀戸天神の藤棚とスカイツリー 

昨日撮影した亀戸天神藤棚スカイツリーです。
flower_fuji_0002.jpg

flower_fuji_0003.jpg flower_fuji_0004.jpg flower_fuji_0005.jpg flower_fuji_0006.jpg flower_fuji_0007.jpg flower_fuji_0008.jpg 

今年は梅の開花が早く桜にしてもそうであっという間に咲いて散ってしまい、フジやツツジにしても例年になく早い開花で、夏日が続いてるなか暑さで精彩がないし枯れてるのが多い。
それでも青空の下、亀戸天神藤棚は見物客を楽しませてました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

御岳山からのスカイツリーとランドマークタワーの遠望 

御岳山からのスカイツリーランドマークタワー遠望です。
スカイツリーは一目瞭然ですが、ランドマークタワーがどれだかお判りでしょうか?
手前には多摩ニュータウンが見え、ベイブリッジの後ろには横浜港が朝日を浴びて煌めいてる。
御岳山の7時前はおそらく3度ぐらいだったでしょう。
手袋をしてても寒かったですが、こんな都会の夜明けを遠望できるのは早起きしたからこそです。
御岳山でどんな紅葉を撮ったのか、それはおいおい紹介していきます。
view_0002.jpg view_0003.jpg  

そのまえにとりあえず御岳山ケーブルカー内でのスナップです。
ぶれてますが・・・
snap_0047.jpg 

昨日4時に起きて5時半に自宅を出発。
母の命日なので墓参りをしたんですが、墓地に着いたのが8時前で園内のバスはまだ走ってません。
どうしてこんな遠くて不便な墓地を選んでしまったのか、なんだかんだ愚痴りながら片道400段余りの階段を上り下りし、奥多摩湖へ寄ってから御岳山のケーブル上に着いたのが4時前。
そして今日帰宅したのは5時前。
一昨日は高尾山を登ったし、この3日間よく歩いたと我ながら感心せずにいられません。
墓参りという大義名分のもとついでに御岳山頂上の宿で一泊しましたが、やはり由乃のことが気になって仕方ありませんでした。
塒の近くにキジ猫がいたし、塒の屋根材としてるスチロールの一部が陥落してましたが、由乃に異常がないだけよかった。
それどころか塒を開けると、甘えた声で鳴くのが愛しかったです。
yoshino_0104.jpg
テーマ: 風景写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

アサガオとスカイツリー 

朝顔市の入谷からスカイツリーが見えるとは思ってもいませんでした。
634mもあるし、東京の北や東からだとどこからでも見えるのかもしれませんね~
そんなスカイツリーをバックに朝顔を撮影しました。

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROでの撮影ですが、こういうときはパンフォーカスで撮れる広角レンズのがいいとはわかってても持ってませんから・・・
ペンタのボディーなのにシグマのレンズしか持ってないし、ペンタックスのHD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limitedか
HD PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limitedの購入を考えてるんですが、標準から中望遠クラスの単焦点も欲しいし・・・
カメラはボディーよりレンズに金をかけろとはいうけど、貧乏人には通用しない金科玉条ですよね・・・

asagao_0006.jpg asagao_0007.jpg asagao_0008.jpg asagao_0009.jpg     


今日の独り言
エコー検査に内科と泌尿器を受診し帰宅すると2時。
買ってきた寿司を仏前に供えてる合間に縁の下にいるであろう由乃を呼んだのに餌をあげ、昨夜10時いらい16時間ぶりに食事にありつく。
にぎり9巻にかっぱ巻きが500円でおつりが来る代物とはいえ、空腹では美味いも不味いもない。
東京の僻地といっても過言でない我が町に飲食店数は限られ、弁当を買うにしてもコンビニか、安かろう不味かろう売ってやるといった訳のわからないコンビニとスーパーのあいのこがあるだけだし、有難くいただく。
そういえばこの時間「ランチの女王」がやってるのを思い出しワンセグを見る。
突っ張り気味な中にも可愛さが光ってる竹内結子ちゃん、やっぱりチャーミングだなと思ってしまう。
今日は途中から見たのでわからないが、昨日は伊東美咲さん出てたし、それに梅宮万砂子さんのあの色っぽさは何なんだろう…演技はお世辞にもうまいとは言えないけど…
寿司を頬張りながらそんなドラマを見てると、慢性肝炎になりつつあることや膵臓に黒い点ができてることなど忘れてた。
また3か月後に再検査すればいいだけのことだし…
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑