思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

大晦日の今日は春のような暖かい日でしたが 

今日も猫撮りへ行こうとすると我が家の野良猫由乃が出て来た。
その前8時ごろ塒を見たときはいなかったのに、出かけようとするとどこからともなく出て来ては予定の電車に乗れないことがしばしばだ。
というのも餌をねだるからで、家に入り直してはウエットをレンジで温めて皿に移して出し、それを食べ終えるのを待たなければならないからだ。
これが塒のなかでなら待たなくてもいいが、外に皿を置きっぱなしにしておくとホルスタインや豚猫に新たに表れたキジ猫までが気付いて来てしまうことがある。
そうなれば塒の中まで入りこんでしまうし、そのため由乃は寒くても餌の時間になると外に出て天敵が来ないだろうかと見張ってることが多い。
そうさせないためには電車を遅らせてでも食べ終わるのを待つしかない。


こんな不敵な顔でいっこうに気を許さない猫のために、なにをやってるんだかと呆れてしまう。
yoshino_0112.jpg

それでも5年半近く面倒見てると情がわくし、3年前塒を作ってあげた。
前は段ボールに着古したセーターや毛布を敷き込んでたが、去年からヒートテックのマットを敷き込んだ。
それが今年はどういうわけだかそのマットの下にいるというか、マットを持ち上げて寝てることが多い。
暖冬だというのが一転していつになく寒い日が続いてたので、猫ベッドに取り替えてもだ。
ということで猫専用の毛布を買ってあげると、それは気に入った様子。
でも悲しいことに、由乃にはそれをかぶる知恵がない。
これが懐いてる猫ならかぶせてやるが、そんなことしたら塒に寄り付かなくなってしまう。
とにかく指一本触れさせない猫だし・・・
yoshino_0107.jpg yoshino_0108.jpg  

小春日和のように暖かな大晦日の今日。
そんな由乃は天敵の猫が現れなかったことで、今日はのんびりしてたようだ。
yoshino_0110.jpg yoshino_0109.jpg 

それでも日が傾けば冷えてくるし、夕方には庇から下りて塒に入って来た。
yoshino_0111.jpg

それでウエットを温めて持って行けば、塒のなかで蹲ってたのがすくっと立ち上がる。
食べ終えてたりなければ昔からのエサやりのところへ行くし、夜中は決まってその人間が来る時間に合わせて出て行く。
安かろう悪かろうの餌だというのに、由乃が唯一懐いてる人間なのだからしょうがない。
そんな由乃とこれからも付き合って行こう。

そういえばこないだ初めてシーバのウエットを見ました。
35gという量が由乃にはちょうどいいが、それではたりないと外へ貰いに行くが、来年は12歳になるし量も減っていくだろう。
それになんといってもシーバは由乃の大好物。
イナバもいいけどね~~~

今年もあと2時間で新年を迎えますが、皆さんにご多幸あること願ってます。
どうか佳いお年をお迎えください!
テーマ: 我が家の猫 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 5 | edit

ページトップへ↑