思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

カキフライが美味しい武蔵小山のさんきちさん 

秋から冬、食べたくなるのはおでんとか鍋物ですが、私にすればカキがいちばんです。
殻付きのカキをそのままあるいはもみじおろしを添えたポン酢もいいですが、フライにした濃厚な味わいはなんともいえません。
テレビや雑誌はたまたネットで話題になってるとかカキフライが有名な店はいろいろありますが、そういったところへ足を向ける気のない私はもっぱら自分にあった店に行ってます。

今から30年ほど前蒲田西口のバス通り近くにあったさんきちさんは、明るい店内でベテランのコックさん二人が格安でボリュームのあるメニューを提供してました。
昔ながらの街中の洋食屋さんといった感じがいいし安くて美味しいので、たまに行ってましたが閉店してしまいました。
その近くのバス通りに煉瓦亭だか煉瓦屋というレストランがあり、肉厚なトンカツを食べたら病みつきになりさんきちが閉店したあとはもっぱらそこへ行ってました。
トンカツだけでなく本格的な洋食メニューがありデートに最適でしたが、こちらも閉店してしまいました。
その後バブル崩壊であまり外で飲食することがなかったんですが、武蔵小山の駅前に広大な空き地がありそこに棲みついてる猫たちを撮りに行ってるうち、駅前だけでなく路地を徘徊してたときさんきちさんを見つけました。
さんきちは蒲田に何軒かあるだけでなく奥沢の店にも行ったことがあるし、懐かしい思いでその武蔵小山の店に入ったのは5年ほど前だろうか?

フライとかハンバーグなどあぶらものを食べたあとお茶が欲しくなり、皆が冷たい水を飲んでるなか気が引ける思いで熱いお茶はないかと聞くと、女将さんはいやな顔をするどころか笑顔でお湯を沸かしお茶を淹れてくれました。
その後も行くたびに最後はなにもいわないのに熱いお茶を出してくれるし、何度か行ってるうち話すようになり蒲田にあった件の煉瓦亭だか煉瓦屋のことを話すと、マスターご夫婦もその店を知ってるとのことでした。
20年から30年ほど前の当時でトンカツが2千円ほどしてて誰もが気安く行ける店ではない。
風采の上がらない自分がそんな店に行ってたというか知ってたことにご夫婦はさぞかし驚いたのかも知れませんが、いい肉を使ってる店だったと褒めてました。

そういうご夫婦の武蔵小山のさんきちさんはサラダが売りというか、どんなメニューにもサラダが付く料理のなかでもカキフライは絶品です。
カキといえば広島や三陸産に的矢湾のが有名ですがこちらのは能登産です。
産地による味の違いなど分かりませんが、噛めば海のミルクといわれる濃厚な味わいをビールで流し込む喜びはなんともいえません。
その美味さを倍加してくれるのは、いつも笑顔で接客してくれる女将さんとは対照的に黙々と百種類以上あると思われるコンビネーションメニューをこなしていくマスター。
体調を崩し年末は臨時休業してたようですが、先週久しぶりにそのカキフライを食べましたがぷりっとしたエビフライも美味しかった~~~
gourmet_0019.jpg gourmet_0020.jpg gourmet_0018.jpg 

とにかくカキフライが大好きで、新丸子のさんちゃん食堂でもつい先日食べてきました。
神奈川県内というか川崎や横浜市内でつとに有名なサンマー麺もあるし、晩い昼食のときたまに行ってます。
ほかにも猫撮りのあと行く店とかありますが、枚挙にいとまがないので・・・
gourmet_0017.jpg gourmet_0016.jpg gourmet_0015.jpg   
テーマ: 美味しいもの | ジャンル: グルメ |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑