思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

埼玉県横瀬町の寺坂棚田 

昨日埼玉県横瀬町にある寺坂棚田へ行って来ました。
彼岸花の見頃を終えコスモスは数年前から咲かなくなってるのを知ってても、初めて行くのでとても楽しみでした。

6時前電車を乗り継いで現地に着いたのが9時。
棚田にしては傾斜が緩く規模もそれほど大きくない。
それに観光農園に近い形態。

それでも黄金色の穂波がそよいでるし、はさがけされてる光景は里山の雰囲気がありあり。
そんな田園風景を撮影し自分で作ったマイタケ弁当に舌鼓を打ち、思わぬところで猫を見たりしながら近くの武甲温泉で汗を流せば極楽ですが、日高の巾着田へ行くのでビールはお預けでしたけどね~~~
コスモスは咲いてないと思ってたのに少し咲いてて、秋のひと時を堪能できました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 28-50mmF3.5-4.5 / smc PENTAX-A 50mmF1.4 / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

秩父の名峰武甲山コスモスが花を添えてました。
satoyama_0043.jpg

彼岸花は色褪せて枯れ尾花になってるのが多かったです。
今年は開花が早かったぶん見頃も早く終わったようだと近所の方がいってました。
satoyama_0035.jpg satoyama_0036.jpg satoyama_0037.jpg satoyama_0038.jpg satoyama_0039.jpg satoyama_0042.jpg satoyama_0041.jpg satoyama_0040.jpg        

数年前まで彼岸花と入れ替わるようにコスモスが咲き乱れてたらしいですが、今ではほんの数株だけです。
satoyama_0044.jpg satoyama_0045.jpg

棚田としては規模が小さく傾斜が緩いですが、観光農園として復元される以前はもっとスケールが大きかったのかも知れませんが・・・
satoyama_0046.jpg satoyama_0047.jpg satoyama_0048.jpg
satoyama_0052.jpg satoyama_0053.jpg satoyama_0055.jpg satoyama_0056.jpg satoyama_0054.jpg satoyama_0057.jpg 

はさがけされたが黄金色に輝いてました。
satoyama_0049.jpg satoyama_0050.jpg satoyama_0051.jpg satoyama_0058.jpg
satoyama_0060.jpg
 satoyama_0059.jpg   

この日あちこちで見かけた猫は何匹いたんだろうか・・・
satoyama_0061.jpg 
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

早咲きコスモス 

コスモスを見るのは8月末から9月にかけてとばかり思ってたら7月末に見ました。
場所は代々木公園で横断歩道の階段近くのゲート付近。
渋谷へ歩いて帰ろうとしたとき偶然見つけました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0
flower_summer_0022.jpg flower_summer_0023.jpg

昨日NHKで懐メロをやってたのを見てたら二葉百合子さんが岸壁の母を歌ってました。
84歳とは思えないというより現役当時と変わらない歌唱力。
帰らぬ息子を思う母心の歌に胸を熱くしてた。
70年前広島に続き長崎にも原爆が落とされた今日、福島原発で事後処理にあたってる人たちはなにを思ってるんだろう・・・
元請けがもらう一人当たりの賃金はは六万とも七万とも聞くが、末端の現場作業員たちが手にするのは一万円あまりとか・・・
それも被爆線量を越えてるのを知りながら作業してるとか・・・
現場監督や事務方にしてもそういう事実を知っててのことだともいう。
福島原発は東日本大震災でメルトダウンし収拾がつかず、自宅へ戻れないとか任意の場所へ行けない避難民が四年たった今も二十三万人ほどいるという。
戦争になれば当然核を使うだろうし、もっと甚大な被害を受けるのは間違いない。
原発の処理さえ遅々として善処されてないし、核戦争の後始末などできるはずがない。
理由はどうあれそれでも参戦できる体制が着々と進んでるような気がしてならない。
NHKをはじめとしたテレビ局はもちろん新聞社にしても偏向報道がひどく、あるがままを伝えないので沖縄の辺野古問題然り安保法案にしても庶民がどう思ってるか報道してない。
安倍政権というか内閣は大政翼賛会のごとき振る舞い国民の知る権利と自由をなきものにしてる。

昨日我が家の野良猫は一度も姿を見せなかった。
昨夜12時半に就寝し5時前起床。
それで由乃が仔猫時代から餌をもらってる人間が現れる時間、ある所へ行くと由乃は餌を食べてた。
犬も猫も家族同様に思ってる人間が多く、たとえ懐かなくとも自分もそういう思いで我が家の野良猫を見守ってる。
戦争が起きればペットどころでないだろう。
それでも私はともに歩んでいく。
今日もいつも現れる時間になっても姿がなく、ある所でようやく見つけ呼ぶと玄関前までついて来た。
それはありふれた日常だが、ありふれたことが稀になっては困る。
餌を食べ終えた由乃はいつものところでまったり寛いでる。
そういう生活がいつまでも続いてほしい。
テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑