思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

smc PENTAX-A 50mmF1.4 鏡筒内の乱反射を活かす 

オールドレンズは現行レンズに比べコーティングが劣ってることもあり点光源を写すと鏡筒内で乱反射を起こすことが多い。
それでもイルミネーションの撮影なら乱反射がかえっていい雰囲気になることがあります。
ファンタジックとまでいきませんが乱反射を活かしたのが下の2枚です。
SIGMA 24mm F1.8 DG MACROも用意してましたが、これはオールドレンズのがいいだろうとの思いは的確なレンズの選択になったようです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
illumination_0004.jpg illumination_0003.jpg
テーマ: 猫撮りの撮影技法 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

オールドレンズの憂鬱 

去年初めて手にしたオールドレンズsmc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0
今年初め手放したものの明るい開放値と比較的寄れる簡易マクロが捨てがたく買い直しました。
といっても居酒屋の飲み代ほどなので・・・

順光なら背景がよくぼけて写りがいいです。
40_80mm_0001.jpg 40_80mm_0002.jpg 40_80mm_0003.jpg 40_80mm_0004.jpg 40_80mm_0005.jpg 40_80mm_0006.jpg 40_80mm_0007.jpg 

それが逆光や背景とのコントラストが高くなるとフリンジだけでなく色にじみが盛大に発生します。
40_80mm_0008.jpg 40_80mm_0009.jpg 40_80mm_0010.jpg 40_80mm_0011.jpg 

またピントを合わせたつもりなのが少しでもずれるとフレアがかったようなります。
それを意図的気に利用するのも手でしょうが、ソフトフォーカスがかってるのは好きじゃありません。
左はシベと花びらがシャープですが、右はともにフレアがかってます。
40_80mm_0012.jpg 40_80mm_0013.jpg               

夜ネオンなど点光源を撮ると鏡筒内で乱反射を起こしますが、40-80mmというズームは夜間スナップにほどいいし比較的明るい開放値F2.8-4.0が重宝。
今所有してる smc PENTAX-M 35mm F2.8 / smc PENTAX-A 50mmF1.4 / SIGMA 24mm F1.8 DG MACRO これらの方が開放値が明るくていいんですが、単焦点なので寄ったり引いたりできないときが結構あるし、夜間スナップのときはsmc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0を持ち歩くようにしてます。
といっても夕暮れから日没のときだし、それも今はあまり夜撮り歩くことはありませんが・・・

オールドレンズの憂鬱は現行レンズに比べコーティングが弱いというか性能が低い。
それでも高価な現行レンズを購入できないしオールドレンズに頼らざる得ない。
その現行レンズのラインナップがあまり充実してないのでSIGMA製品を併用してますが、ペンタックス側は他メーカーのレンズを使えないようにしてる節があり、なおさらオールドレンズに固執したくなる。
なんといってもやわらかなボケ具合が好きですから~~~
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

何故オールドレンズを使うのか 

今日はひな祭りということで古民家横溝屋敷ひな人形です。
古民家ひな人形を飾ってるところが多いのは名主で豪農だったからでしょう。

下の画像10点はいずれもタクマーのレンズで撮影したものです。
何故こんなオールドレンズを使うのか?
その理由は開放値が明るく薄暗い状況でもシャッタースピードを稼げるからです。
いや、むしろ自然なボケ具合が好みだからというのが本音です。
シャッタースピードを稼げるといってもF2.8~4.0ほどに絞り込んでるので最速でも1/50。
この絞り値とシャッタースピードならSIGMA 24mm F1.8 DG MACROでも可能ですが、上記2本のオールドレンズを使ってしまうのは好みいがい何物でもないです。
焦点距離で単焦点かズームか、それと開放値が明るいかなどで撮影状況に応じてレンズを選んでるだけで、レンズの持ち味を好みで使い分けるというほど多様なレンズを所有してるわけではありません。
あるもので賄うだけですが、それでも1年前に比べると所有数が倍以上になってるのは自分自身驚きです。
その増やしたレンズの購入代金、現行レンズの単焦点の半分にもなりません。
障子や建具が傾くなど歪曲収差は良くないですが、現行レンズでも相当高価でないとこの歪曲は大なり小なり出てるのでは?
樽型や糸巻き型の歪曲がいやならあおり機能のあるレンズを使うほかないでしょうし・・・

CP+2016に行くと喉から手が出る様な機材に目が行ってましたが、まだまだオールドレンズで欲しいものがあるし~~~
それも当分おあずけで所有してるレンズで撮りますけどね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4 
hina_matsuri_0001.jpg
hina_matsuri_0002.jpg hina_matsuri_0003.jpg hina_matsuri_0006.jpg hina_matsuri_0009.jpg 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 35mmF2.8
hina_matsuri_0008.jpg hina_matsuri_0004.jpg hina_matsuri_0005.jpg hina_matsuri_0007.jpg old_house_0001.jpg         
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

浴衣に風鈴にオールドレンズ 

昨日は各地でこの夏最高気温を記録したところが多く、海の日だったこともありさぞかしにぎわったことでしょう。
暑いからといってエアコンで涼んでばかりいては健康に良くない。
浴衣で歩くのも乙なものでしょう。

こちらはフィルム時代の古いレンズを使ってみたくなり、昨日一昨日と東京駅へ行ってました。
一昨日はオールドレンズの薀蓄についての本を買うため、そして昨日はそのオールドレンズPENTAX K-5Ⅱs smc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4 を買いにグランルーフのキタムラカメラへ。

本日掲載の右側の風鈴は、購入したばかりのPENTAX K-5Ⅱs smc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4 でたった今撮影したものです。
ズームでも今のと違いとろけるようなボケはさすがです。
風鈴があまり鳴らないのは短冊を吊るしてる舌とともに外身も一緒に同一方向へ揺れてしまうからでしょう。
それでなんだと思ってると、リリンと小さく音を立てるときがある。
風鈴の役をあまりなさない風鈴ですが、忘れた頃に聞こえる音色は悪くない。
川崎大師の風鈴市は今日が最終日ですが、また行ってこようか・・・
それとも燃え滾るような炎暑のなか鎌倉とか江の島へでも…

撮影機材 左2枚がLUMIX DMC-FZ1000 右はPENTAX K-5Ⅱs /  smc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4
kimono_0001.jpg kimono_0002.jpg furin_0010.jpg
テーマ: 今日の独り言 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑