思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

猫と睨み合うようにしてピント合わせ 

猫を撮り始めたときオートフォーカス任せでした。
猫の魅力を知ったというか、猫に憑りつかれたというべきか?
とにかく猫を見ると、レンズを向けてシャッターを押してました。

今から8年前の盆過ぎ。
ある墓地には猫だまりがいくつもあり、行けば少なくても20匹ぐらい多いときは50匹以上見かけてました。
フォーカスポイントを合わせるのももどかしく、とにかく猫を撮れればいいという感じですから、目にピントが来てないのがかなり多かった。
そのうち猫の習性を少しずつ知るようになったし、顔馴染みになった猫が増えるにつれ、じっくりカメラを構えて撮影できるようになりました。
それで目の上にフォーカスを当ててたのは、目だと暗いので露出とホワイトバランスが狂うからでした。
それは露出モードによってかなり違いがあるので一概にどうこういえませんが・・・

ところがオートフォーカスが正確でないのかピントが甘いのが多い。
それでマニュアルフォーカスするようになったし、それも瞳孔にピント合わせするようになりました。
ズームの望遠端で撮影することが多く、被写界深度が浅くなって目の上でもピンボケみたいになるからです。
広角レンズで絞り込めば、目の上でも瞳孔が被写界深度内に入ってきりっとした写りになるんでしょうが、APSなのにフルサイズ用の300mmを使えば450mmになって、ほんの少しの誤差でもピンが甘くなる。

そんなことで顔を対角線状に横切ってる猫と睨み合うようにしてピントリングを調整しシャッターを押しました。
画像処理するのにサイズを再サンプル化しても瞳孔にピントがきてるし髭まで鮮明に写ってました。
年々老眼の度合いが進みピント合わせがつらくなってますが、睨み合うようにしてなら大丈夫。
それでも両腕と肩が震えないようにしてるのはつらいですけどね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

テーマ: 猫撮りの撮影技法 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ピント合わせはマニュアルフォーカスかオートフォーカスどちらですか? 

数年前花の撮影をするようになってからというもの猫にしてもピント合わせマニュアルフォーカスにしてます。
というのは任意のところを選んでも、所有してるレンズでオートフォーカスだと若干ピンボケ気味になるからです。
ピント調整すればそれなりにきちんと合うんでしょうが、置きピンしたりするしフォーカスポイントから外れてるところにピント合わせすることもあるので、レンズのピント調整をしたところであまり効果ないかという疑念があるからです。
ということでファインダーを見ながらマニュアルフォーカスしてることがほとんどです。

昨日の記事にしてもそうですが、縦に棒状の門扉ごしの黒猫をオートフォーカスにするとSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROだと凄く迷うし当然マニュアルフォーカス
もっと近づいて格子の間にレンズを突っ込めばオートフォーカスでもピントはきますが、門扉の格子をいれたほうのがこの黒猫の表情が引き立つのではという思いであえて写しこみました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


先日テレビにガッキーと一緒に出演してた石川佳純選手。
ガッキーこと新垣結衣は誰からも好かれるタレントらしいですが、卓球をしてるとき厳しい表情ばかりの石川佳純選手のほんわかした顔は最高に可愛かった。
映画ミックスに出演するようです。
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

オートフォーカスが秀逸なLUMIX DMC-FZ100 

LUMIX DMC-FZ1000のデジタルズームで800mm望遠にして撮影した花ですが、ギャザー状の花の芯だかもかなり鮮明に撮れてました。
ノイズがかなり発生してるのは手ブレ防止のため高感度撮影したことも影響してるようですが、これぐらいならまずまずかなと・・・
LUMIX DMC-FZ1000で写真として表現するには物足りなさがありますが、オートフォーカスが秀逸なので花の撮影はすごく楽です。

撮影機材 / LUMIX DMC-FZ1000
flower_2016_04_0018.jpg
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

老眼にやさしく正確なオートフォーカスのLUMIX DMC-FZ1000 

このところしまいぱなしだったLUMIX DMC-FZ1000を使いだしてるのは散歩がてらで花の撮影のためです。
一眼レフだとどうしてもあれもこれもとレンズを欲張ってしまい散歩というより本格的な撮影になりがちですが、LUMIX DMC-FZ1000ならレンズ交換しなくて済むので思いたったらすぐ行けるところがいい。

花だとどうしても中腰での撮影が多くなりますが、このところ股関節の調子が悪く屈んだはいいが立ち上がるときギクッとします。
そんなときでもバリアングルのLUMIX DMC-FZ1000なら少し腰を曲げ、狙ったところにさっとオートフォーカスすれば正確にピントを合わせてくれる。
下のたんぽぽの綿毛は狙い通りのところにピントが行ってたし、老眼なのにこれを100mmマクロでマニュアルフォーカスし何枚撮ったところで思い通りのピントになってるのがあるかどうか怪しいところです。

flower_2016_04_0015.jpg

こちらはデジタルズームで800mmまで繰り出したため解像度が悪いし手ブレを起こしてますが、気軽に超望遠撮影するのにLUMIX DMC-FZ1000はもってこいです。
hachi_0001.jpg hachi_0002.jpg  

撮影機材 / LUMIX DMC-FZ1000

オートフォーカスが正確なカメラとレンズならそれを使うにこしたことはありませんが、それでも花のマクロ撮影ではマニュアルフォーカスでないと狙ったところへ即座にピントを合わせたいことがありますが、老眼だと開放値がF2.8と比較的明るいレンズでもなかなかピントを合わせられません。
これは老眼だけでなく白内障の気があるのかも知れません。
この白内障の治療をすると視力が思いのほかよくなるそうなので、自覚症状がある私はもちろんほかの方も一度目の検診をしたほうがいいと思います。
せっかく撮ったのにピンボケではがっかりですからね・・・
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑