気象庁が東京の梅雨明け宣言

梅雨の晴れ間となれば鬱陶しい雨がやんで心が晴れ晴れするし、たまってる洗濯や布団干しをする。
もちろんも。
ところが今年は空梅雨なのかの出番があまりないのはいいんですが、このままだとまた野菜が高騰しそうで心配です。
と思ってたら梅雨明けが発表された。
六月に梅雨明けというより、今年はまるっきりの空梅雨だったし、このところ毎日真夏日が続いてた。
梅雨明けというより、梅雨自体なかったのではと思ってしまう。
東京は観測史上最速の梅雨明けです。

撮影したのは前日からの雨が止んだ昼過ぎ。
ここは以前よく猫を撮りに来てましたが、4匹ほどいたのにキジトラ1匹をたまに見るだけとなってます。
そんなのがいるかといって見たらが干されてました。
なんてことないというか雑然とした光景ですが、薄いピンクのが陽射しで透けの暗い背景の中浮き上がってるように見えました。
アジサイノウゼンカズラが如何にも梅雨を思わせますが、雨が降るどころか真夏のように暑い日が続いてる東京の下町です。

こういう光景に出会うとスナップ写真はいいなと思いますが、それもその時々における自分の心理状態で撮る気になったり撮らなかったり。
鵜の目鷹の目で獲物を見つけ出すように、いい被写体を探し出すことは滅多にできませんが、歩いてるとなにかしら琴線に触れるシーンに出会えることがあります。
引きこもりがちになってる今、とにかく外に出なければと思ってるんですが・・・・・・
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事

風鈴のようなアジサイ

風鈴のようなアジサイが面白く撮ってみました。
背景がうるさいのであまり絞らなかったせいで絞り羽根の形がそのまま出てる部分もありますが、オールドレンズの味わいということでそれもまた良し。
※絞ったからこそ絞り羽根の形状が目立つと訂正します

まだところどころにアジサイが咲いてますが、ほとんど枯れてます。
6月半ば最後に撮ったときカタツムリがいましたが、小さすぎて画にならないので掲載してません。
それでも気が向いたら掲載するかも知れませんが~~~

梅雨明け十日は快晴が続くというのが本来の陽気ですが、秋田では集中豪雨に見舞われて・・・
なにやら日本の将来を思わせるような雲行きに暗澹たる思いです。
大分の日田や福岡に続いて秋田の集中豪雨。
被災された方々にお見舞い申し上げます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4
関連記事

ピンクのアジサイ

アジサイの花の色は土によって変わるというか決まるそうです。
というよりアルカリ性が強ければ赤系に、酸性が強ければ青系になるようです。
鎌倉の明月院ブルーと呼ばれる青系のアジサイもいいですが、青だろうと赤だろうとあまりの人出におちおち撮影できない。
それでもこちらが行くところは早朝ならそれほど人がいない。
と思ったら大間違いで、結構来てるのにびっくり。
ま、それでもsmc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRなら背景が大きくボケるので人が写り込んでもさほど気にならない。
下の画像はなんとか人が写り込まずに済みましたけどね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR

関連記事