思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

ズームレンズをうまく活用するには 

構図を考えながら寄っては引き、引いては寄る。
寄ることも引くこともできないとき、画角を変えて構図を決められるズームレンズは便利です。
それでも寄れるし引くことができるなら、ボケ具合を勘案し焦点距離を決めてます。
そうすることによってモチーフが引き立つからです。

上段はなるべく寄ったもので単焦点なみに背景がボケてます。
下段は少し引いて撮影してますが、それでも絞りを開けてるので主題いがいが適度にボケてます。
ズームレンズをうまく活用するには、画角を替えるだけでなく、自ら寄ったり引いたりすれば単焦点レンズなみに撮れますから~~~
撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_ajisai_0116.jpg flower_ajisai_0117.jpg flower_ajisai_0119.jpg flower_ajisai_0121.jpg

flower_ajisai_0120.jpg
 flower_ajisai_0123.jpg                 
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

オールドレンズsmc PENTAX-A 35-70mm F4でアジサイのマクロ撮影 

オールドレンズsmc PENTAX-A 35-70mm F4アジサイのマクロ撮影しました。
ほぼ最短撮影距離したので等倍以上に写ってます。
下段はSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROで撮影したもので、こちらも等倍以上に写ってます。
それでもsmc PENTAX-A 35-70mm F4のボケのが滑らかに感じるのは思い込みでしょうか?

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROはスナップや猫撮りなど万能ズームとして多用してますが、花の撮影ではsmc PENTAX-A 35-70mm F4のほうが好きです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4
 flower_ajisai_0113.jpg flower_ajisai_0114.jpg flower_ajisai_0112.jpg flower_ajisai_0111.jpg 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_ajisai_0115.jpg 
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ピンクのアジサイ 

アジサイの花の色は土によって変わるというか決まるそうです。
というよりアルカリ性が強ければ赤系に、酸性が強ければ青系になるようです。
鎌倉の明月院ブルーと呼ばれる青系のアジサイもいいですが、青だろうと赤だろうとあまりの人出におちおち撮影できない。
それでもこちらが行くところは早朝ならそれほど人がいない。
と思ったら大間違いで、結構来てるのにびっくり。
ま、それでもsmc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRなら背景が大きくボケるので人が写り込んでもさほど気にならない。
下の画像はなんとか人が写り込まずに済みましたけどね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR

テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

雨のアジサイ 

先入観というのか固定観念なのか?
アジサイというと雨。
梅雨時の花なのでそういうイメージが強いのはこちらだけではないでしょう。

撮影しに行った日は午後から雨が降る予報なのになかなか降らない。
降り出したと思ったらザーザー降りでレンズの鏡筒がずぶ濡れ。
クロスを忘れティッシュで拭きレンズ交換するも、雨を写し込むには万能ズームのSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROが妥当かと。
そんな雨のアジサイです。

下の画像で土砂降りに見えないのは背景が暗くないのと、シャッタースピードも関係してるのでしょう。

帰宅すると防塵防滴加工してないレンズのズームを望遠端まで繰り出し、継ぎ目からチリと水分の侵入を防ぐようにマウント側からレンズ先端にむけて拭き、前後のキャップをはずして自然乾燥。
乾燥後は異状なく作動しました。

雨の日の撮影はカメラ機材用の防水グッズを使えば安心ですが、こちらは傘を差しただけの状態で撮影してます。
三脚や一脚もめったに使わない物臭だし、レイングッズを装着しての撮影が面倒臭い。
帰宅してから機材のメンテナンスを考えるとレイングッズを利用したほうのがいいかとも思いますが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
 flower_ajisai_0122.jpg flower_ajisai_0124.jpg




昨日藤井壮太君が28連勝し、今後どれだけ連勝記録を伸ばすのか?
そして破る者は誰なのかと俄か将棋ファンも交えて盛り上がってるようです。
単細胞の私はからっきし将棋が弱い。
腕がか細くまるで女のようだといわれたことも多々あります。
女性といえばか細いイメージがあったのははるか昔のこと。
か細いというのは痩せてるだけでなく、心が繊細ということも指してのことでしょう。
そんな女性をイメージした「おゆき」を唄ったのは内藤国男九段でした。

この歌が流行ってた当時、23歳の私は兵庫県の相生にいて夜毎スナック通い。
一晩にダルマを1本半開けたり無茶な飲み方をしてたものです。
その相生は石川島播磨造船でにぎわってた街ですが、重厚長大産業の衰退とともに街もすっかり様変わりしてるようで、スナックが密集してた飲み屋街をグーグルで見ても跡形もない。
お好み焼き屋があって飲んだあとはそこでラーメンを食べて帰る日々。
そんな店もなにもかもなくなってしまいましたが、内藤九段のおゆきは今でもたまに口ずさんだりすることがあります。
昔の歌謡曲は心に残るのが多く、吉幾三さんにしても駆け出しのころは藤田まことさん司会の夜の大作戦で板前役で出演してたものですが、その後は出す曲すべてがヒットし今では大御所の貫禄。
吉幾三さんは青森の五所川原出身で何度も行ってることもあり、雪国や津軽平野の歌の文句が手に取るように伝わってきます。

テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

アジサイに滴をつける 

梅雨入りしたというのに真夏のように暑い。
それでアジサイに生彩がない。
邪道と思いながらもアジサイをつける。
100円ショップで購入した霧吹きはパターン調整できてもスポイトのようにを出すのは難しい。
スポイトを買わねば~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR / smc PENTAX-A 35-70mm F4 / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 flower_ajisai_0105.jpg flower_ajisai_0106.jpg flower_ajisai_0107.jpg flower_ajisai_0108.jpg 

この撮影後スポイトを購入しましたがをうまく作れませんでした。
それは噴射口が大きいからで、今度は注射器タイプのを購入します。

昨日から今日は各地で大雨が降り、空梅雨かと思わせたのも杞憂になったようです。
土砂崩れや川の氾濫などないこと願ってます。
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

水鏡のスイレン 

二年前から近所の曇りガラスに映るアジサイを撮ってますが、建具がかなり古く引き戸二枚のうち一枚が割れて板を打ち付けてあるのにがっかり。
水鏡のスイレンがフラットな感じで映ってますが、曇りガラスほどでないにしろコントラストがない。
それでも撮りたくなるのは正攻法だけでは飽き足りないし、天邪鬼なせいでしょうね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 flower_suiren_0036.jpg   
テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

携帯用折り畳みパイプチェア 

去年秋購入した携帯用折り畳みパイプチェアは、ヘルニアで膝と股関節の具合がよくない身にはもってこいです。
何故かといえば座った膝に肘をつけばカメラのフォールドをがっちりできるし、よほどシャッター速度が遅くなければ手ブレを起こさない。
マニュアルフォーカスでのピント合わせも楽で、同好の士といっても初対面の方ですがいいですねといって来ました。
三脚にセットして構図を決める手間がないし、そういわれるほどピント合わせを素早くでき、しかも手ブレを起こさない。
しかも体に負担がかからないとなれば本当に楽です。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR / smc PENTAX-A 35-70mm F4
flower_ajisai_0101.jpg

バリアングルやチルトアングルファインダーでなくても、見上げる構図も思いのほかできます。
flower_ajisai_0104.jpg  flower_ajisai_0103.jpg 
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

2017年6月14日現在の多摩川台公園のアジサイ開花状況 

2017年6月14日現在の多摩川台公園のアジサイ開花状況です。
駅よりの多摩川台公園入口の斜面はヤマアジサイだけでなく例年通りアジサイもかなり開花してます。
階段を上がった東屋付近は年々開花数が減ってるような気がしてたうえ、去年秋からバリアフリー化の工事をしたこともありいつになく花数が少ないように見えますが、最盛期は20日ごろなのでそのころは増えてるかも知れません。
多摩川沿いの古墳に続くゆるい坂道にスロープを仮設したため、のり面のアジサイはかなり減ってました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_ajisai_0100.jpg   flower_ajisai_0099.jpg 
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

懐かない野良猫が警戒心をゆるめるとき 

8年も餌を出してる我が家の野良猫が懐かないことを散々記事にしてて、毎日のように訪問してる方は耳にタコではありませんがまたかという思いでしょうが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

去年秋から塒に入らずずっと外にいるし以前に比べ毛づくろいをあまりしなくなってるせいか、毛並みがごわっとしてていかにも野良猫といった風体。
yoshino_02250.jpg

カメラを1メーターほどに近づけても逃げないし、微笑んだり笑ったような顔を見せる。
2年ほどまえからか、餌を食べたあと目のまえでゴロニャンするようになりました。
そんなわずかなひと時に心が和むし、野良猫でも警戒心をゆるめるのかと~~~
yoshino_02249.jpg yoshino_02251.jpg   


追記
「やすらぎの郷」に出演してる野際陽子さんが13日逝去されてたようです。
NHKのアナウンサーを辞めたあと梶山季之さん原作「赤いダイヤ」の連続ドラマではいろっぽい悪女役に扮し、世の男性たちを虜にしたのは半世紀以上も前のこと。
その後も「キーハンター」などドラマだけでなくバラエティー番組に出演し活動を現在まで続けてましたが、癌には勝てなかったようです。
81歳とはいえ頑張ってたのが残念でなりません。
ご冥福をお祈りします。

また義理の叔父が昨夜亡くなり明日は通夜です。
今月23日で80歳になるはずだったのに、長い間糖尿病を患ってたのが悪化したようです。
赤塚不二夫さんではないですが、好きな酒を飲んでたし本望の死だったでしょう。
テーマ: 猫と暮らす | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

線路端の猫 

線路端の猫を撮ってるとこちらと目が合い何か言いたげ。
うるさいからあっちへ行けとでも?
電車のがよっぽどうるさいだろうに・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4

テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑