一触即発の黒猫二匹 2018年04月22日 街の猫 コメント:0

奥にいる黒猫は外猫で手前のは飼われてる黒猫
そんな二匹が対峙してて一触即発か?
この状態を横位置では左右が空きすぎるし、縦位置で圧縮し緊張感を狙いました。
望遠ズームのSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROで奥の黒猫にピントを合わせたため手前のがボケてますが、これはこれでいいのかと~~~

cat_shim_0038.jpg 


おしぼりうどんをご存知の方は少ないでしょうか?
二十日大根とかとか鼠大根と呼ばれる辛味大根をすりおろしたので食べるうどんですが、これが夏のように暑い今日にはピッタリ。
さっぱりした味はもちろんつるっとした喉ごしのうどんがなんともいえません。
でも、都内では辛味大根はめったに手に入りません。
そこで切り干し大根の戻し汁を代用。
それもうどんでなく蕎麦で。
薬味はいっさいなしで麺つゆを少しだけ使用。
辛味はないですが、、これが美味しい。
冷やし中華もいいですが、これから和風のこうした麺類を食べる機会が増えそうです。
それにしても今日は暑かった。
真夏日になったところもかなり多いようですが、明日は一転平年通りで体が追いつきそうにない、
関連記事

テーマ:猫撮りの撮影技法 - ジャンル:写真

指定席 2018年04月21日 街の猫 コメント:0

猫にも指定席あるの?


関連記事

テーマ:猫写真 - ジャンル:ペット

暑いので冷やし中華作りました 2018年04月20日 飲食 コメント:0

今日は暑いので冷やし中華を作りました。
酢を多めにした醤油だれと粉からしのつんとした味がさっぱりして美味しかった(^_-)-☆
cooking_0012_20180420130900cad.jpg


緑萌えるカエデ
目には青葉 山ホトトギス 初鰹ではありませんが、新緑のまぶしい季節になりました。


関連記事

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

たくさん咲いてる花のどこにピントを合わせるのか 2018年04月19日 ピント合わせ コメント:0

マーガレットでしょうか?
たくさん咲いてる花のどこにピントを合わせるのか迷います。
こういう状況ではいちばん背の高いのに合わせるのが定石とされてます。

それで青い矢印の花に合わせたのが後ピンになって赤い矢印に。
いちばん背の高いのは赤い矢印の上ですが、それでは遠すぎて目が行きにくく、これはこれでいいのかと・・・
2018_04_0007.jpg 

こちらの赤い矢印はほぼ真ん中に位置してて、やはり上図の青い矢印のほうのがいいと思ってしまう。
2018_04_0006.jpg

2枚とももう少しカメラを低くすれば背丈の違いがはっきりしますが、それだと花びらの裏側を写す格好になってしまうし、かといって俯瞰すれば平面的になってしまう。
そんなことで被写界深度をを浅くして立体的にしましたが~~~
関連記事

テーマ:撮影技法について - ジャンル:写真

やわらかな光 2018年04月18日 光線 コメント:2

群生してるハナニラ
やわらかな光なのでハレーションを起こさないと思ってましたが、意に反して階調が十分でない。
マルチパターン測光での撮影でしたが、スポット測光のが良かったのか?
露出をアンダーにするだけでなく、光線状況によって測光モードもあれこれ試すべきだと再認識させられました。


テーマ:撮影技法について - ジャンル:写真

薄紫のフジの花 2018年04月17日 草花 コメント:0

薄紫のフジの花


関連記事

テーマ:季節の花 - ジャンル:写真

新緑のクスノキ 2018年04月16日 樹木 コメント:0

新緑クスノキ
若葉がまぶしい。


関連記事

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

暑いの嫌い 2018年04月15日 街の猫 コメント:0

冬が寒いのは当然として、例年より寒ければその反動なのか夏も例年以上に暑くなる。
長期予報によればそれに倣うが如く猛暑になるような感じです。

先日スイングトップを着てたら汗をかいたのは、早くも夏日になってたせいです。
たちが暑いの嫌いとばかり日陰に身を隠してました。

 cat_shin_0012.jpg cat_shin_0013.jpg
関連記事

テーマ:猫写真 - ジャンル:ペット

CIAOちゅ~るのがいい 2018年04月14日 街の猫 コメント:0

ウエットとカリカリを食べ終えた猫にCIAOちゅ~るを出したら喜んで舐めてました。
猫はCIAOちゅ~るのがいいのかも知れませんね~~~

 cat_matsu_0002_201804131944373d5.jpg

昨日久しぶりに軍艦マーチを耳にしました。
二十歳前後の頃パチンコ屋に行くと大音量でかかってて耳が痛くなったのを覚えてますが、それが嫌でおそらく40年以上聞いてなかった軍艦マーチ
いや、正確にいえば何年か前の終戦記念日あたりに聞いてたはず。
そ、8月15日前後に何度となく放送されてた「火垂るの墓」でです。
そんなことで昨夜久しぶりに見た火垂るの墓で耳にした軍艦マーチがやけに懐かしく感じてなりませんでした。

先日高畑勲さんが亡くなり、日本テレビが哀悼の意を表するということで放映された火垂るの墓
幼い兄と妹が戦中をどう生きたかを描いたものですが、内容があまりにも可哀想すぎて観るに耐えないという方が多いようです。
それでも見たのは、妹の節子役を務めた声優の素晴らしさが忘れられなかったからです。
母の実家が姫路で子供のころから播州弁を聞いてたし、物語の舞台が神戸ということで似てる言葉遣いが懐かしい。

子供の頃の「狼少年ケン」「少年忍者風のフジ丸」「魔法使いサリー」や、成人してから見てた「じゃりン子チエ」が確か東映動画の制作だったと記憶してますが、その当時から高畑勲氏は動画制作に情熱を傾けてたのでしょう。
アニメとかカートゥーンというより動画。
その製作技法が念入りで、実写では成し得ない描画も果たしてしまう。
それこそがまさに動画たる所以だし、白石綾乃さんが節子をいかにも幼げに可愛くもせつなげな口調で見事に演じてました。

昨夜で5回目だったか、さすがに涙を流すことはありませんでした。
火垂るの墓を反戦映画だというのがいますが、そういった括りなしで食うや食わずの幼い兄と妹が戦時中をいかに生きて絶えていったか・・・
原作者の野坂昭如氏はこの映画が多様な人たちから高い評価を得たことに、高畑勲氏の手腕を評価するべきといったそうです。
野坂氏は一歳あまりの妹が栄養失調でなくなっていくのにその妹の分まで食べ物を食べてたというし、自身はひどい兄だと後悔してたからでしょう。
そんな野坂昭如氏の原作火垂るの墓をまた読み返しますかね~~~

関連記事

テーマ:猫写真 - ジャンル:ペット

見た目通りに撮影 2018年04月13日 画像処理について コメント:0

青空に映える枝垂れ桜を見た目通りに撮影できました。
青空といっても少しマゼンタがかって濁り気味。
それに薄曇り気味なのがハレーションを起こさず撮影に適してました。
下部にみずみずしい新緑を配したことでひきしまった感じになりました。


関連記事

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

 » »